Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

4、主催者の選び方その1|第一章パーティー、街コン、合コンなどについて

カップル
ライターichiroのプロフィールはこちら

主催者選びの一番は実際に行ってみることですが、それにはお金や時間がかかります。参加前に少しでも主催者選択方法がわかればいいですよね。
広告や参加エリアから婚活パーティーの主催者選択方法をレクチャーします!

タイプとか企画とか本気で信じているの・・?

主催者は、婚活編とか、恋愛編とか、真面目に参加、気軽に参加というようにパーティーを別けていますが、これはまったく関係ありません、だって、参加している人のタイプは同じですから・・・

婚活編の中には恋愛目的の人もいますし、恋愛編の中に婚活の方もいます。理由は業者が窓口を広げるために、こっちの広告では婚活、こっちでは恋活とか同じパーティーに対して一貫性を取らずに、いろんなタイプで広告しているからです。

ですので、パーティータイプはまったく気にせずに参加して下さい。

もう少し言うと、婚活パーティーと街コンの層も大して変わりません。年齢が街コンが少し若いという程度です。
結婚紹介所や婚活サイト系の主催のパーティーは婚活色が高いので、やや婚活パーティーとか街コンとは違うかもしれません。
主催者がさまざまな企画(タイトル)やコラボを打っていますが
これは、参加者にとってはまったく関係なし
内容は同じなのに、参加の体裁のためにタイトル付けしているだけだと思ってください。

映画大好き編とかに参加してもアカデミー賞の映画も知らなかったり
究極は身長175cm以上高身長編に参加したら、170cm以下の男がいたなんてことも結構聞きます。

これに関しては、完全に業者が悪いと思います。
シャンクレールなんか、年齢の違いパーティーを簡単に合同開催にしますしねww

参加エリアの傾向は理解できていますか?

地方の人は開催地が主要都市だけなので、仕方なしそこに行けば良いと思います。

大都市部、例えば関東ですが、
平日は都内くらいしかほとんど開催していないので選択肢は都内。
たまに、千葉や横浜、大宮などで開催している平日パーティーは参加人数がほとんど一桁。それでもよければ良いのですが・・・

土日祝ですが、フットワークの軽い人でしたら都内でも良いでしょう。そうじゃないと都内は参加者が高範囲です。
新宿のパーティーは下手したら半分は埼玉。銀座のパーティーの80%が千葉・川崎、京浜東北線沿線の埼玉と言うことは良くある話です。

僕は多摩地区に住んでいますので、新宿に良く行きますが、せっかくいい感じの女性が沢山いるのに全部埼玉かよ・・なんてことは本当に良くありました。(僕の場合、フットワークが軽いので問題はありませんけど)

では、多摩地区や大宮、柏、千葉、横浜に出れば良いのか?
女性で地元の人というのであればそれで100%正解です。

男性の場合は、まあそれで良いのですが、郊外エリアはだいたい女性不足ということを肝に銘じてください。
だって、女性は休日でも都内に行ってしまう。
男性は地元に残る(休みの日にまで都内に行きたくない)=郊外エリアは女性不足。と言うことになるからです。

女性はなぜか「銀座に参加すればハイスペックな男性が参加している」とエリアのイメージで判断しがちですが

正直・・・変わりませんからwwwww

個人的には地元参加推奨です!

理由は、その後の問題です。

通常の出会いと違って、出会いのイベントでは会話時間が少なくその場でその方のことなんかまったくわかりません。

パーティーなどで出会った人って、最初は雰囲気だけでカップルになり、その後何度も会ううちにその方のことがわかってきて付き合うようになるというパターンが多いです。

そこで、家が遠いと続かなくなる可能性が高いです。

これは、男性の好き度によりますが、男性はその女性が相当気に入れば遠くても会いに来ますが、40%程度の好き度で、これからその方を知っていくというレベルですと、ちょっと面倒くさくなると、行くのが面倒なので適当な口実つけたり、またパーティーに参加しちゃったりします。

ですので、休日くらいはなるべく地元の会社に参加することをお勧めします。

広告表記のお話

大人数に出たい方へ・・動員力NO1というのは全体でなのか、個々のパーティーでなのかの判断は?
・動員力NO1の表記
パーティー会社の広告で非常に紛らわしいのが【動員NO1】という表示です。
これを見ると、1回あたりのパーティーが動員NO1なのかと誤解します。
全国展開している会社や幅広いエリアでやっている会社でこの表記が多いのですが、動員NO1は総動員で1回あたりの場合は実はそんなに多く無い場合が多いんですよね。
実は10vs10位の比率のそろったパーティーは非常に良いパーティーなのですがイメージ的になんだか少ない感じがします。

だから、主催者は動員がある風な広告を打っていきます。1日2開催で週に2回、毎週だと回数は16回それぞれ、10vs10だと、総人数は160vs160月に1回のパーティー会社が1回100vs100だったとします。総動員数が多いのは前者になります。大人数パーティーを見抜くには広告料÷開催本数で考えます。まあ、あくまで参考的な考えですけどね。
そう考えると全国展開している大手は年間の総人数では動員率NO1かもしれませんが、1回のパーティーはほぼ少人数です。

現在都内などの都心部でさえ、大人数パーティーは非常に少ないです。
婚活パーティーのマーケティングが少人数で、パーティー乱発という流れですからね。

弊社は動員率エリアNO1と書いている業者で、ここのパーティースケジュールに100vs100とか50vs50とかの表記が無い場合は1開催あたりの動員は少ないでしょう。

ネット検索

地域名 婚活パーティー」「地域名 街コン」などで検索される方が多いと思います。
その方法で上位10-20以内に入っていない業者はほぼ動員が少ないですから選んではいけません

この方法で検索すると、ポータルサイトが上位に出てきますが、それも無視しましょう。
ポータルではなく、自社サイトで上位検索されている業者さんに申し込みをしましょう。
ポータルサイトはいろんな会社が載っているので、便利なのですが、利用しないほうが良いです。

ポータルサイトや、検索順位が1‐3位くらいの業者は、SEO対策と言って検索エンジンの上位表示をお金で上げている場合がほとんどです。
そこを認識して検索しましょう!


『70%確率で婚活パーティーでカップルになる』シリーズ!
関連記事も一緒にお楽しみください​​​!

4-12、婚活パーティー主催者の選び方
3、人間性で選ぶ
2、街コンって
1、婚活パーティー参加年齢に関しての実践編
1、参加年齢に関して

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る