Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

アプリやSNSを使ったマッチングサイトが大人気!今どきの恋愛事情

お酒
生きていれば出会いの場は数知れずあります。その中で婚活をして結婚するのは容易ではありません。
今ではどんな出会いの場があるのでしょうか。ぜひ参考にしてみてくださいね。
目次(ページ内リンク)

最近の出会いはアプリでマッチングが多い?

少し前は親や親族からの縁談でお見合いが主流でした。もちろん、いつの年代でも恋愛結婚はあります。

そして、携帯電話が出回った頃は出会い系サイトやmixiなどネットを使った出会いもありましたね。
しかし、その頃のネットは自由でセキュリティーも甘く、事件が起きることもしばしば。その対応策が18歳未満は出会い系サイト禁止というものでした。

ネットの出会いは危険と印象ずいてしまったのもちょうどその頃で15年前くらいです。

ネットが危ないのであれば知人から紹介してもらおう。会って話して良い人を見つけようと、合コンも流行りました。
しかし、合コンは独身の友達が居ないと出来ず、若い人でないと難しいものです。

晩婚化が進み、若いとき(10代や20代)に結婚しなかった方は、結婚相談所で探す人も出て来ました。しかし、お金も高くつくのでなかなか手に出せない人もいます。そして、1人ずつ会うので効率が悪いのです。

そんな時に登場したのがお見合いパーティーや街コンです。安価でたくさんの人の中から自分の好みの人と出会えるのがヒットしました。

流行り始めたのはつい最近のように思いますが、今ではなんと、アプリやSNSを使ったマッチングサイトが人気になってきてます。

背景にはスマートフォンの普及率が高いことと、出会いの場であるパーティーに1人で行くのは嫌、もっと手軽に効率よく出会いを探したいという人が多かったためです。

ネットの出会いは危ない?

昔の出会い系サイトと違う点は最近は大手企業も参入していることと、きちんと身分証明書を確認することろです。

そして、出会い系サイトと聞けばなんとなーく怪しい感じがしますがマッチングサイトと言い換え、若い方も手軽に利用できるように可愛いデザインを使っています。
言い回しや本人確認するだけで出会い系サイトというダークな印象を払拭できるのが少し怖い所でもあります。

会うときは昼間や大勢の人がいるところを選ぶなどして下さいね。

ネットでもそうですが、出会うのは危険を伴うことも頭に入れておいてください。

しかし、そのイメージアップのおかげでたくさんの若い人が利用でき、空いた時間に1人で婚活できます。

私の友人で最近結婚する人はマッチングサイトなどのネットで知り合って結婚というパターンも増えて来てますね。

もちろん、ネットだけだとモチベーションがあがらないのでパーティーに参加したり、友人に紹介してと声かけたりしてました。

その合間にネットでも探せるから効率が良いと言ってましたね。

もちろん、式では友人の紹介で出会い〜…と言うナレーションを言っていましたが。(笑)ちなみにお見合いパーティーで出会って結婚した人も紹介と言われていました。

20代30代の親御さんはまだまだネットに対してマイナスなイメージしかもっていないのかな、と感じます。

婚活に疲れてしまった時にネットを利用するのがオススメ!

最近、婚活、婚活で疲れた〜って時は1度気を緩めるのも良いですが、そんな時に気分転換でネットを利用するのも手です!

友人の話を聞いていてとても参考になりました!
街コンやお見合いパーティーは土日が多いので休みが合えば参加し、合コンや飲み会は金曜や平日の夜に積極的に参加する。
そして、疲れたときは家で1人で紅茶でも飲みながらだらだらとリラックスしてマッチングサイトを見ていたそうです。

土日お休みじゃない職業の方も大勢いますし、自分のライフスタイルに合わせてうまく婚活していました。

出会いの場を増やした方がその分、出会える人も増えて良い人と巡りあえる確率も増えますね。

実は出会いの場というのは自分が気づいていないだけでたくさんあります。職場だったり、いつも行くカフェやクラブ、居酒屋だったり。趣味で出会うなんてこともありますよね?

意外にも気を緩めていた方が出会えたなんてこともあります!
なので、婚活しなきゃと気を張るより緩めていろんな人と出会いを楽しんだ方が良いと思います

関連記事(サイト内リンク):新しい出会いを静かに待っているあなたへ

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る