Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

女は髪が命!サラサラにする方法

目と口と髪
●髪の毛を大事にする
紫外線が多いからって日焼け止め塗ったり、アームカバーしたり日傘さしたりしますよね?
肌のお手入れはしわやしみができないように、念入りにお手入れしますが、髪の毛も念入りにお手入れしてますか?ボサボサだったり薄毛だったり、プリン(根元が黒くなってしまっている状態)だったりしませんか?
髪の毛をお手入れするだけで魅力はアップしますよ!

まず、ボサボサ、プリン、薄毛、ツヤがないのは自分でどうしようもありません。初めはプロに任せた方が賢明です。カットの仕方でツヤもでてサラサラヘアになります!プロに髪も染めてもらうと長持ちして傷みませんよ。

●ブラッシング

毎日ブラッシング(髪をくしでとかす)してますか?朝1回はしてますよね?

実はシャンプー前と寝る前にするブラッシングが大切なのです。シャンプーするからとかさなくていいや〜は間違いですよ!!シャンプー前のブラッシングは日中に外でついたほこり、汚れ、抜け毛をとってくれて、シャンプーの泡立ちを良くします。

そして寝る前にブラッシングをすると次の日の朝さらさらな髪になります。朝のセットも楽になりますね。

ブラシ(くし)は清潔なものを使ってくださいね。汚れた髪をとかしたり、頭皮の脂がついているので以外に汚れています。そんなブラシでとかすと、頭皮トラブルになったり、薄毛の原因にもなりますので、洗ったりして、きちんとお手入れをしてくださいね。


最近はブラッシンングするだけでツヤツヤ、サラサラになるブラシや、頭皮マッサージできるものも売っています。この機会に新調しても良いですね。高いトリートメントよりも良いブラシを買った方が美髪への近道だったりします。

●シャンプー

まず汚れた頭皮の毛穴を開くように、シャワーのお湯だけでよく洗います。
シャンプーを手に取り泡立ててから頭皮をマッサージする要領で丁寧に洗っていきます。爪をたてると傷ついてしまうので指の腹を使うと良いです。
泡立てるのって大変なので毛先で泡立てて頭皮を洗うと簡単で楽です。髪は軽く洗いましょう。

2回シャンプーで洗わなくていいです。髪の毛が傷んでしまいますので、1回にしましょう。
ハードスプレーやワックスで固めてしまったり、洗いずらそうなときは、初めにコンディショナーをつけると洗いやすくなります。

シャンプーを流す時も丁寧によく流しましょう。洗い残しは毛穴のつまりになってしまいます。


シャンプーは自分の悩みに合ったものを選びましょう。例えば、日中すぐ髪がべたべたしてしまう場合は市販のサッパリシャンプーでもよいです。

あとはパサパサしてしまう、カラーダメージがある人はアミノ酸系のサロンで販売されているものが良いです。肌が弱い人はオーガニックのものを使うなど工夫して選びましょう。

ノンシリコンが良いという情報が多いのですが、シリコンは髪にツヤを与えてくれるものなので、パサパサな髪の方はシリコン入りも試してみてください。

●トリートメント

トリートメントは髪を内側から輝かせる働きをします。コンディショナー(リンス)はキューティクルをコーティングしてサラサラにする役目があります。現在のトリートメントはコンディショナーの働きもしますので、一つ持っていれば良いです。

市販のものを買う際はトリートメントと書かれても、安いと中身がコンディショナーの場合があるので注意です。

シャンプーしてから水分をしぼり、軽くタオルドライをします。トリートメントを手に伸ばし、毛先から根元までつけていきます。
ここでは頭皮につかないようにしてください。せっかく脂を落としたのにまた、脂をつけてしまうと毛穴のつまりの原因になります。
コンディショナーを週に1回とかプラスして使っても良いです。たまにの集中補修のような感じですね。10分くらいおいてからすすぎます。

身体についたらよく流しましょう。毛穴トラブルになります。

●ドライ

すすいだらタオルドライをしっかりしましょう。ごしごしこするのではなく、パンパンと叩いて水分をとりましょう。ごしごしすると髪がこすれて傷んでしまいます。
髪をとかし、ターバンまきにして、化粧水などのスキンケアを済ませてから、ドライヤーを使います。

ターバンをとり、洗い流さないオイルをつけて、ドライヤーをかけます。手で髪の毛をパラパラほぐすように乾かします。髪は乾かしているときが一番傷むのでハイパワーでなるべく早く乾かします。ハイパワーで完璧に乾かさず、仕上げのクールを使い乾かします。
すると、水分を含んだような潤いがある髪の毛になります。

本当に少しの手間で仕上がりが全く変わります。せっかく毎日同じことをするなら丁寧にした方が良いですよね。髪の傷みが激しい夏にこそしっかりとケアしましょう!


関連記事(サイト内リンク):もう一つの「髪は女の命です

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る