Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

夏のダメージ肌の整え方。

2017年9月13日榎並
顔の上
だんだん寒くなってきたこの頃。
今年はそんなに暑くなかった気がしますが、思っている以上に夏は肌や髪の毛にダメージあります。


夏のダメージを整えて冬も美しくいましょう!
目次(ページ内リンク)

肌のダメージ対処方法。〜食事〜

今年の夏もお疲れ様でしたー!アウトドアや海やプール楽しみましたか?
夏は紫外線たっぷりで日焼け止め塗ったり大変でしたね。

しかし!日焼け止め塗ったから大丈夫だと思わないで下さい!
実は肌のシミ、シワの原因は紫外線や水分不足だと言われています。

夏は暑く、クーラーをつけたりしましたよね?クーラーはかなり乾燥するんです。
肌は乾燥して、さらに外に出たら紫外線を浴びるという悪循環。恐ろしい…。
そのダメージを回復させるために必要なことは食事です!
ビタミンはお肌にとって大切な栄養分なんです。
ビタミンA、ビタミンBなどいろいろありますが、特に大事なのはビタミンCです!
ビタミンCは鉄吸収、コラーゲン合成、抗酸化作用、ストレス解消などの効果があります。
ビタミンCが多く含まれる食べ物は
・いちご
・レモン
・ピーマン
・ブロッコリー、カリフラワー
などです。秋に出回る大根や、さつまいも、柿などもたくさん含まれますので積極的に摂取しましょうね。

いわずと知れたコラーゲンも一緒に取ると効果的です。
手羽先、豚モツ、牛すじ、軟骨、フカヒレなどです。

もちろんバランスよく食事をすることが大切なので意識して少し多めにしましょう。

肌のダメージ対処方法。〜保湿〜

水分不足の肌に大切なことはとにかく保湿!

美容液を使ってしっとりさせましょう。
まさか化粧水のあと、乳液で終わりではないですよね?
正しくは化粧水→美容液→乳液です。

化粧水で肌に一旦水分を与えます。
美容液は保湿、美白が入ったものを指し、肌に浸透させ肌の質を上げるものです。そして乳液で蓋をしましょう。

美容液は毎日やりましょう。なんと、ダイソーでも売ってるくらいですから誰でも出来ますね。

この時期が冬の肌を左右します!肌は28日で生まれ変わるので今やらないとなかなか良い肌になりません。



そして、秋は気温も下がりますので顔色が黒くなりくすんで見えます。
そういう時は顔の血流を良くするためにマッサージをしてカバーしましょう。血流が良くなると肌もワントーン明るくなりますので、試してみて下さい。

ほうれい線などのシワにもマッサージは直接働くのでマッサージは大切です。

髪のダメージ対処法。

髪の毛も夏にダメージをたっぷり受けています。

感想や紫外線ももちろんですが、海の海水、パールの塩素でも痛みますし、
季節ごとにヘアカラーをチェンジしてる人は特にパサパサになりやすいです。

パサパサヘアーだと本当に美しく無いんです!これ、本当です!髪の毛がツヤツヤしているだけで美人に見えます。

ただでさえ髪の毛はお肌と違って修復能力がないので、どうしても傷んだら切るしかないのです。

しかし、全部傷んだから全部切るなんてことは出来ませんね。

大切なのはキューティクルを守ること。
これ以上髪の毛が痛まないようにすることです。

キューティクルとは髪の表面です。うろこ状になっており、髪が濡れると開きます。この時にトリートメントで保湿しましょう。

頭の地肌も汗で汚れているのでよーく洗い、トリートメントは表面につけるようなイメージで保湿します。

そして、なるべくすぐ乾かした方が良いと言われているのですが、
筆者の場合はロングなので、なかなか乾かしづらくドライヤーをたくさん当てないと完璧に乾かないんです。

なので髪の水分をとって髪の毛全てをタオルでターバン巻きして少し経ったら乾かすようにしてます。
この方がドライヤーを当てる時間が短く、あまり傷むことがないんです!この方法はオススメです!

そして、洗い流さないオイルを2プッシュしてからドライヤーを当て、乾いたらさらに2プッシュします。

するとサラサラヘアになります!
個人差はあると思いますが試してみてください。あまりつけすぎるとベトベトになるので、注意して使って下さいね。

まとめ

夏にダメージを負うのは仕方ないことです。

だからといって諦めずに修復することが大切です。冬は冬でオシャレが楽しい季節なので、是非自分の肌や髪の毛を労ってあげましょうね。

関連記事(サイト内リンク):老化防止には話題のAGEエイジで決まり

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る