Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

ギルトフリーな食べ物で、心も身体も健全に

ギルトフリー食品
シュガーフリー(糖質制限)や、グルテンフリー(麦食品制限)は定着し、無理のない方法で、日々の食生活に取り入れる方も増えてきました。

そして、次に登場したのが、ギルトフリーと言われる食べ物です。
ギルト(罪・罪悪感)がフリー(無い)という意味で、ギルトフリースイーツと言えば、罪悪感のないスイーツとなります。

ケーキにタルト、チョコにアイスクリーム、世の中には魅惑的で心ひかれる甘味があふれてます。
大好きなものは、太る心配をせず、健康的に繋がり美味しく食べたいものです。
目次(ページ内リンク)

肥満に対しての認識が変化

これまでは、「肥満はカロリーコントロールで決まる」という考えが一般的でした。

ですが、今はもうこの考え方は古く、太る原因は糖質の摂取量が大きな要因です。
新しい医学論文では、糖質を摂りすぎると死亡リスクが高まるという発表もありました。

有名な医学誌にも掲載された論で、街頭アンケートのような不確かなものではなく、世界中の13万人を超える膨大なデータを解析されてます。

更に、コレステロールを多く摂っても、血液中のコレステロールが増えないという事実が明らかに。
今まで散々、TVや新聞で「悪玉コレステロールが、血液をドロドロにする」と広められたのに、それが覆る結果となりました。

ちなみ、かの有名なライザップも、糖質制限には厳しいですが、コレステロールの摂取については寛容。

毎日数時間の過酷なトレーニングより、効果的に痩せるためには、食事内容を見直しが必要不可欠。

とはいえ、お肉が好きな人が、無理やりベジタリアンにはなれません。
それに、間違った糖質オフを実行すると、身体に必要な栄養が足りなくなってしまいます。

推奨する食事改善法としては、シュガー・グルテンをいきなり完全にカットせず、一日の食事の5割程度に制限する方法です。

ご飯を炊くときは白米に玄米を混ぜる、小麦100%のパンのから米粉のパンに、うどんを食べる時は糖質70%オフの麺を使うなど。
いまでは、スーパーやコンビニで簡単にこの手の商品を買うことが出来ます。

少しの工夫で、肥満から遠ざかる食生活が手に入りますので、是非、試してみてください。

食べてる物があなたを作る、ダイエットに悩まない生活習慣

ギルトフリーの認知度

昨年から、テレビでもギルトフリーの特集などを目にする機会が出てきました。
海外からも専門店が日本国内に出店し、オンラインショップなどで手軽に手に入るようになりました。

ギルトフリーは、「罪を感じない食べ物」という定義なので、ビタミン豊富、添加物がなくアレルギーの心配がない、といった面があります。

有名なギルトフリーの食品としては、FOOD JEWELRYが販売しているブリスボールでしょう。

関連記事(サイト内リンク):密かに注目のおやつ、ブリスボール

ナッツとドライフルーツが主な原料で、砂糖も小麦も使われていません。
ややお値段は高めですが、贈答品としても喜ばれる逸品になってきました。

他にも、マクロビクッキーという商品があります。
マクロビとは、穀物や野菜、海藻などを中心とした食事をさします。

マクロビクッキーでしたら、オーガニック食品を扱うショップ以外にも、コンビニなどで買うことが出来ます。

もっと身近な食べ物ですと、これからの時期にぴったりな、干し柿干し芋です。
これなら、我々日本人が昔から食べてきた食品ですし、安価で買うこともでき、抵抗感はないでしょう。

好きな物を心置きなく食べたい

ギルトフリーとは、そもそも“後悔しない”ためのもの。

なりたい自分、維持したい体型、将来の健康、それらを叶えたいのに、罪を感じながら食事をしては、ストレスになってしまいます。

自分にとって、ギルトフリー(罪悪感がない)事とは何なのか。
ここを明確にしておくと、とるべき行動に繋がります。

いい意味でワガママになって下さい。

「甘いものは太るから食べない」ではなく、「太る心配をせずに、美味しいスイーツが食べたい」でいいのです。そういう考え方を持つことで、自然と太らなくて美味しい食べ物を探す様になります。

材料に何を使ってるか、含まれる成分は自分の体にどんな影響を与えるのか、その点に着目して食べる食べないの選択をしましょう。

グルテンフリーを取り入れる際、小麦を食べるのを止めたら、次に何食べれば?と悩む事もあるでしょうが、ネットで少し調べれば、グルテンフリーのレシピは数え切れない程でてきます。

日本でも広まりつつある、ギルドフリーな食べ物。気を使わずに、甘い物を堪能したいですね。

ライザップも糖質制限!今話題の糖質オフダイエットとは?

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る