Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

デートの時にしてはいけないこと(郊外編)

郊外でのデート
移動への配慮
ドライブ編でも書いてありますが、車を使う場合は渋滞に巻き込まれる事をある程度想定した方がいいです。渋滞の影響を避けたい場合は、デートの日を渋滞し辛い時期にするか、公共交通機関を使うか決めてください。公共交通機関を使うと女性への負担が大きい事を考えたうえで決めてください。
ドライブの場合はお互いに近くで会話する事ができます。公共交通機関の場合は、あまり大きな声では会話できない事があります。人目を気にすることもあります。その点も考慮に入れて、車を使うか、公共交通機関を使うか決めてください。
目次(ページ内リンク)

自分好きなテーマパーク

テーマパーク 自分だけが楽しむのは、もちろんNGです。事前に女性の好みを聞いておくとベターです。ただ、人気のテーマパークに行く場合は、ある程度の混雑を予想した方がいいです。アトラクションの列に並んでいる時間も長くなると想定して、待ち時間を楽しめる話題、面白いスマホのアプリの話を用意しておきましょう。間違っても、1人でスマホを操作する事のないように。
後で楽しいデートの様子を2人で楽しむためには、2人の写真を撮るようにしましょう。デートが終わった後、また会うための口実にもなります。

自分の好きなショップだけを選ぶ

ショッピング テーマパークや郊外のショッピングセンターなどで自分の好きなショップに出会う事があります。女性を置いて、お店へ入ってしまう事がないようにしましょう。事前に女性の好みを聞いておけば、お店を見つけて一緒に楽しめるはずです。記念に2人でお揃いのお土産を買うのもGoodです。
お土産を買うときには、女性との親しさや距離感によって買うものが変わります。例えば、とても親しくなったときには肌に身に付けるものを買って贈ることもできます。まだ、それほど親しくない場合は、肌に身に付けるものは避けましょう。置物や飾り物くらいにしておくのが無難です。

郊外の良さを活用しない

郊外の良さ 郊外にしかないものがあります。山や川、道の駅、郊外に出店されているショッピングセンター、テーマパークなどです。郊外に行ったからこそ、そのようなところで楽しむことができます。街中でも体験できるようなデートでは、もったいないのです。郊外のメリットを活用して、楽しいデートにしましょう。
楽しむ時に注意したいことがあります。山や川を楽しむ時には、それなりの準備が必要になります。専門知識があればいいのですが、ない場合は無理せずに専門家の力を借りましょう。例えば、トレッキングしようと考えた場合は、ショップに行って店員さんに聞いた方がいいです。あと、マナーやルールを守る事も大切です。交通ルールを守るのと同様に、山や川で遊ぶ時のルールを守りましょう。例えば、行った先で出たゴミはその場で捨てずに持ち帰りましょう。楽しいデートにするためにも、頑張りましょう。

突然のハプニングの備えをしてない

突然の雨 郊外でのハプニングがデートに影響することがあります。例えば、突然の雨です。そんな時に備えてコンパクトな雨具があると便利です。女性の分の雨具を用意しておくと頼もしく見えます。雨以外でも、急な冷え込みなどもあります。そんな時に体を温めてくれる上着やブランケットがあると便利です。
自分自身の健康にも、十分考慮しましょう。
例えば、気分を悪くするようなアトラクションに乗ってしまうようなことがないようにしてください。その恐れがある場合は、そもそも、そのようなところをデートする場所に選ばないようにしましょう。

次に会う約束をしましょう

楽しかったデート 楽しいデートの後は、次に会う約束をしましょう。
郊外での写真を一緒に見たいとか、前に買ったものを渡し忘れたなどの理由で約束を取り付けましょう。もちろん、無理矢理に約束をつけようとするのはNGです。楽しくデートしていれば、次のデートの約束をする事は難しくありません。自信を持って話を切り出しましょう。

関連記事(サイト内リンク):街のデート編

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る