Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

なぜ若者は恋愛しないのかという厚生労働省の白書

2017年5月1日管理人800号
少子化白書
厚生労働省白書で「なぜ若者は恋愛しないのか」ができていました。
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/gaiyou15html/NFS15G_gaiyo_mokuji.html
これは、第15回出生動向基本調査で、結婚と出産に関する全国調査。独身者調査の結果概要ということです。
国立社会保障・人口問題研究所の調査報告になります。

まずは
  1. 独身者調査の結果概要
  2. 夫婦調査の結果概要
  3. 独身者・夫婦調査共通項目の結果概要
を、まとめます
ターゲットは18歳から34歳のようです。

独身者調査の結果概要

★結婚の意思
1987年から少しづつ「いずれは結婚するつもり」という方が男性は確実に減ってきていますね。
女性はほぼ横ばいという感じですか・・・

男女ともに、19997年から2005年までは、りそうな相手が見つかるまでは結婚しなくても良いという意見でしたが、ここ10年は、理想の相手がというより「ある程度の年齢までには結婚するつもり」が増えましたね。
この思考は、少子化ということを考えてみれば良いことですね。

1年以内に結婚したいというのは、男性は多く、女性は少ないんですね。
18−34歳の調査なので、意外でしたね。
18−34歳くらいでは男性はまだ早いと思うのかと思っていました。これは本当に良いことですね。

就業状況による調査では、女性は学生以外そんなに変わりませんが
男性は、自営業などでは早く結婚したいと考え、サラリーマンはそこまで考えていないということですね。
ただ単に、自営を手伝わさせないのか・・・?だとするとだめだこりゃですよねww結婚して安心して家にいてくれる人がいるからという感じで思っていただくことを祈っています。

「結婚に利点あり」は男性で6割台、女性は7〜8割程度で推移しています。
まあ、女性はぜっていに利点がありますよ。
その理由の1番が、子供や家族がモテるでした。これは良かったです。専業主婦になりたいとか書いていたら怒るところでした。

独身に利点アリは、男性8割、女性9割かぁ・・・ここが少子化のポイントですね。
理由は、生き方や行動が自由ということです。当たり前ですね。

結婚のハードルは、金銭事情です。これも当然です。
ただ、年収が低くても、結婚したほうが逆に生活レベルが上がる場合もあります。
年収200万の独身と、年収200万同志の夫婦だと後者のほうが断然生活レベルが高いですからね。

独身でいる理由を見ると、男性は特別なところはありませんが、女性は仕事に打ち込みたい、適当な相手がいないということが特に伸びていますね。
ここに少子化の原因がある気がします。

異性との交際

うわぁぁぁぁぁぁぁ、交際している異性はいないと答えた男女がめっちゃ増えてる!!
どないなってんねん。
仕事に打ち込みたい気持ちはわかるけど、週末位男女交際しましょうよ。

そして、性体験のい割合は頭打ちwwのようですね。
同棲の割合も減ってんなあ・・・

どんな結婚を求めているのか

この章のまとめは
希望する結婚年齢は上昇しまくり
歳の差結婚は望まず、年齢の近い相手を選ぶ傾向にあるみたい。
(年の差結婚が世の中にあると思っている、おっさん残念ww)

そして、専業主婦ではなく、共働き志向が大幅上昇!
おいおい、ならとっとと結婚すればよいのに・・・
先ほども書きましたが、共働きなら、低年収でも生活水準は絶対にアップしますよ。

条件は、男性は家庭力、女性は経済力か・・・まあ、普通

次の調査は、子供の数
おおお、女性は子供が多くほしいという割合が増えてる!いいこといいこと

未婚者の生活と意識

親との同居が超増えてんなあ・・・
18−34歳って最も一人で暮らしたほうが良い時期なのに・・・何やってんねん。家出ろや!

男性は交友や趣味が減り、女性は趣味やライフワークを持つ人が増えてんのね

このあたりでは少子化は男性に問題があるなあ・・・

家族の考えなども結構間違えていない
一安心

まとめ

  • 結婚意欲の低下
  • 独身の利点(自由なこととか)、婚姻の利点
  • 非正規雇用の増加など収入の安定しない人々の増加(経済面)
  • 適当な相手が見つからない
ということらしい。
さらに
  • 交際相手を持たない人が50%以上
  • 性経験の低下
  • 同棲の減少
感情的には
  • 結婚希望年齢の上昇
  • 同い年志向
  • 結婚と仕事の両立志向
ライフスタイルは
  • 非正規就業の増加
  • 親との同居
  • 女性の趣味・ライフワークを持つというものの増加
  • 男らしさ、女らしさの欠如
ということです。

まあ、そのとおりですね。
かといって、どうしたらよいのかはわかりませんが、
少なくとも、パーティーや街コンなどに参加されている方が非常に多いのも事実です。

出会いを求めている人もいるんですよね。
見つからないのは上にもある
「適当な人が見つからない」ということなのでしょうか?
100%理想の人なんて見つかるはずはありません。
ある程度の妥協点を見つけるしかないですよね。
ミッチー(及川光博)のしゃべくりので発言が話題になっている

パーティーや街コンに参加していて
相手が見つからない人の最大の特徴がひとつあります。
「ルックスで相手を決めようとする」
という最も原点というか、単純な場合が多いと思います。
実はルックスで相手を決める割合は女性のほうが多いです。
(もちろん男性も見た目や年齢で考える人もたくさんいますけど)

個人的にはここを修正してほしいと思っています。
最低限の生理的に許せるルックスだったら
内面で選びましょうよ。
なかなかパーティーなどで内面はわかりませんので
ちょっとでも内面的に気になった人とは積極的に、後日会ってほしいですね。
40過ぎたら、見た目なんてそんなに変わりませんよ。

男性は趣味などがなくなり、外に出なくなっている割には1年以内に結婚したいという人が多い
出会いを求めるなら外に出ろや!

女性は将来的結婚はみな望むが、今は仕事やライフ生活が楽しい
少しは将来を考えろよ。32歳過ぎたら相手見つけるのは大変だよ

ということですね。

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る