Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

ドラマ『あなたのことはそれほど』の第一話だけで語ってみる!恋愛と結婚の違い

街を歩くカップル
ダブル不倫を描いたドラマ(のハズ)『あなたのことはそれほど』が始まった!で、その第一話だけ見て、ちょっと男女の出会いのことを語ってみる。(いちおう、第二話も見てしまいました・笑)

関連記事(サイト内リンク):こんな男もいるそうですしね

ドラマでは「2番目に好きな人と結婚するといい」という、いかにもインチキっぽい占い師の予言がある。
でも世間でもよく聞くのは、男女共に「恋愛相手と結婚相手は違う」という異性を見る尺度。
これってなに?

夫婦のちょっと怖い現実も交えながら、そのあたりを私の勝手な解釈と持論?で書いていきます(笑)
お暇な方はちょっと付き合ってください。
目次(ページ内リンク)

一番好きな人はいつ現れる?

残念ですが誰にも判りませんし、後から現れる方が良く感じたりするものですね。
それは必ず今、目の前にいる人には少なからず不満があるからです、誰でもそう。
しかも想い出は美化される、結婚してても彼氏・彼女がいても、人ですから防衛本能があります、当然、嫌なことはなるべく忘れようとして、楽しかった想い出を覚えておこうとします。

このドラマでは、運命の人が初恋の人というパターン、これは完全に想い出に振り回されるパターンです。
男性は浮気をする動物です、動物のDNAに刻まれたという言い方を良くしますよね。
一方女性はというと、強い男性に憧れてその男性の種を残したいというのも、これもまた女性側の本来の行動です。

波瑠が演じる主人公・美都は中学時代の美しい想い出の中に、初恋の人・光軌(鈴木伸之)の男性としての強さを幻想として持っていて、この人と・・・という思いが再会によって沸き起こるわけです。
美都は20代半ばの女性ですから、経済力や包容力といった内面的なものより、中学時代の記憶も含めた外見的なカッコよさ・強さに惹かれていくはずです。(女性から非難を浴びそうですが、これは後ほど)

夢見る20代ほど、昔の想い出や見た目にこだわる女性が多いと思うのが私の経験です。
男はもっと単純です(笑)

関連記事(サイト内リンク):男って単純みたいです

不倫する男の本音

さて、第三話以降の展開は原作を読んでしまう手はありますが、そんなことは無視してここでの話を進めていきます。

不倫男・光軌は明らかに浮気として美都に身体の関係を求めて、見事にホテルにまで連れ込むことに成功しています。
男性のかなりの割合が浮気願望があり、その半数は実行に移します。

光軌の妻・麗華(仲里依紗)が「どこから浮気だと思う」というのはドキッとしますが、光軌は知らないふりをしますね。
結婚している男性、彼女がいる男性が、違う女性と二人っきりで食事をしたり、手を繋いだり、ましてやキス以上のことをする必要はないので、このあたりから浮気でしょうね、付き合っている女性からすると。
食事くらいは仕事ということもあるので微妙ですが、男性心理からすると、少しでも自分が気に入っている女性と食事をするというのが本音でしょう。

雄は種をまいて数多くの子孫を残すことが動物としての役割ですから、理性を抜きにして考えると、新しい女性が現れるとそちらに目が行くことになります。
だから、男性はいつまで経っても若い女の子が好きなのです!(汗)

男性の女性選びは、28歳をピークとして32歳位を限界として考えるのは、結婚して1,2年で一人目、それから2,3年して二人目の子供と考えると、32歳くらいが限界と男性は本能として感じているのです。

関連記事(サイト内リンク):結婚適齢期が遅くなってきたと言われても...

不倫する女の本音

TBSの『あなたのことはそれほど』の公式ホームページも面白いですね。
おそらく圧倒的に女性視聴者が多いのが判ります、アンケートと掲示板を見ると判ります。

そこには女性の不倫は許せても、男性の不倫は許せない!という結果が明確に出ています(笑)
第1回目のアンケートが
あなたが美都だったら…
結婚していても、ずっと思い続けていた運命の男と再会したら、その危ない誘いにのってしまう?
2/3がYesです、こんなに多いのかぁ〜とは思いません、こんなものでしょう。
でも女性の場合は男性以上にリスクが大きいので、男性よりも強い理性というブレーキが働くので、実際に不倫や浮気に走るのは男性ほどではないでしょう。

一方で第2回目のアンケートでは
あなたが有島だったら…
里帰り中の妻がいるにも関わらず、羽を伸ばす気持ち理解できる?
こちらは2/3がNoです(笑)男性はの不倫は許せない!絶対にということです。
妊娠という女性にとっては一大イベントですし、本当に辛い時に旦那の浮気はもってのほか!当たり前です。
これは他の動物だと、雌の出産の時は雄も手伝ったりしますよね、それくらい出産は大変なことなのですから。

でも今回の作品はダブル不倫の話です。
このアンケートからは「旦那の不倫は許せないけど、自分のアバンチュールはちょっとイイかな」という心理が垣間見えてきます。

仲里依紗の立ち位置が絶妙!

不倫男・光軌の妻・麗華の感の鋭さが、今回のドラマを面白くさせています。
逆に美都の夫・涼太(東出昌大)が妻の浮気に気付くというのは、リアルなところだと「ないかな〜」という感じで、私だったら気付きません(泣)
おそらく涼太のとる行動がちょっと常軌を逸したものになっていくんでしょう。

そもそも私はパートナーのスマホを勝手に見ないですし、見せて欲しいとも思わない方です、何故なら自分が見られるのが嫌だからです。
個人的に私がパートナーに何でもかんでも話すタイプではないので、その延長上にプライベートという壁を作ってるだけで、実際に見せても困ることはほとんどありません。(少し困るのは、飲み屋関係のメールとかですよね・笑)

話はそれますが、男女複数のカップルがホームパーティーでスマホにかかってくるメール・電話をオープンにするゲームをするというブラック・コメディがあります。
イタリア映画の『大人の事情』です、かなり面白いので興味がある人は是非、映画館へ。

基本的に男性は攻撃的で女性は守備的です、ということは、自分の生活を守ることに優れてるのは女性で、そのために生活の変化=夫の変化に鋭く反応します。
仲里依紗が演じてるのでちょっとリアル感がありませんが、麗華はおとなしく地味、しかも自分の両親が父親の浮気が原因で別居、そういうこともあって、しっかり者で人に媚びない性格というところもこのドラマの面白いところです。

そのうち光軌は、妻・麗華に丸裸にされていく展開だとは思います。
ようは不倫をしている二人は、そのそれぞれのパートナーにバレバレということですね。

目の前にある幸せをつかむ!

第一話で一番象徴的なシーンが、結婚式場でこれから結婚をする新婦を、若い男が略奪するというシーンです。
別々のところで、美都と光軌はそのシーンを見ることになるのですが、二人は略奪する側を応援しています。
一方で、光軌の妻・麗華は冷静に「今まで決断できなかった男とこれからやっていくのは大変」と冷静に分析しています。

結婚式から略奪する話で有名なのは、1967年のアメリカ映画『卒業』ですね、主人公の男性(演じるのは名優・ダスティン・ホフマン)は相当な優柔不断です(笑)

主人公の美都は、かなり純粋に今の結婚を後悔して、初恋の人に憧れ身体を委ねる女性ですが、この純粋さが今後どのような展開になっていくのかは楽しみです。
そして美都のような立場を支持する女性が6割以上いるということは、結局、カップルであってもそのどちらかが浮気をする確率は相当高いという事になってしまいます。

それでも私はフリーの男女には、目の前に「これは!」と思った異性が現れたら捕まえるべきだと思っています、浮気されるのが怖いから、それ以前に付き合う前にフラレるのが怖いから告白しない・付き合わないというのは間違っていると。
後悔は後ですればいい、何もないよりマシ、人生はこれから何があるか判らないのですから。

それにパートナーの浮気を許すという選択肢もありだと思っています。
パートナーが浮気を隠そうとしている、ということが自分たちの生活を大事に思っている証拠でもありますし。
気がついたら(気がついてしまったら)、さり気なく相手に罰を与えるのはイイかもしれないですけどね。

20代、30代の結婚も大変ですが、20年後の熟年になってもいろんなことがあるのが結婚。
その話は、また別のドラマと共に書きたいと思います。

人生は独りで過ごすより二人で歩んだほうが楽しいことも多いですし、気付いたらそれが三人、四人に増えているということもあります。
目の前にある幸せをつかむ、後ろ髪はつかもうと思っても手遅れです!

浜田省吾の「もう一つの土曜日」が不倫女の歌だと忘れていて、不倫相談された女性に送ってしまった話しも読んでみてください。

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る