Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

映画『ノッティングヒルの恋人』に学ぶ、平凡な男でも素敵な女性を彼女にできる方法

水辺の女性
映画『ノッティングヒルの恋人』は1999年のハリウッド映画ですが、舞台はイギリスのロンドンという設定。
主演は当時ラブコメの女王としてハリッドNo.1女優ジュリア・ロバーツ、イギリスの人気俳優ヒュー・グラントが共演
人気の二人が共演したことと、判りやすい大人のラブ・ストーリーということもあって日本でも大ヒットした作品。

目次(ページ内リンク)

物語は・・・

ロンドンの片隅ノッティングヒルで旅行誌専門書店を経営するものの赤字で、妻にも逃げられた冴えないバツイチ男のウィリアム(ヒュー・グラント)。
そんなある日、書店に見たことのある美しい女性が現れる、最初は誰だが判らなかったが、それがハリウッドスターのアナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)だと気が付く。
アナが本を買って店を去った後に、ウィリアムは飲み物を買いに書店を出る。
飲み物を買った直後の街角でアナとぶつかって、アナの服をオレンジ・ジュースで汚してしまう
うろたえたウィリアムは、近くの自宅アパートでアナの服を乾かして彼女を帰すが、不器用ながらも誠実な人柄のウィリアムに好感を持ったアナは、ウィリアムに軽いキスをして去っていく。

数日後にアナから連絡があり、新作映画のキャンペーンで高級ホテルでインタビューに応えるアナに、雑誌記者と間違たマネージャーに案内されてアナの目の前に現れるウィリアム。
再会に成功したウィリアムは、アナに自分の妹ハニーの誕生会に来るように誘う。

ハニーの誕生日にはウィリアムとハニーの共通の友人が来ていたが、そこにアナが現れて友人たちもビックリするが、いつものように仲間たちの会話が始まる。
チョコレート・ブラウニーをかけた不幸自慢のゲームをするウィリアムやアナとその友人たち、ウィリアムの元カノで今は親友の奥さんのベラは脚が不自由で車椅子生活を自慢、ウィリアムは男やもめを自慢するが、アナの「女優になんかなるもんじゃないわ!」で一番の不幸賞に。
アナは本音で語り合える居心地の良さを味わって、その場を後にする

その後もデートを重ねるアナとウィリアムだったが、ある日、ホテルのアナの部屋に行くとアナの元カレのハリウッドの大物俳優がいて、ウィリアムは落胆してその場を去っていく。
ウィリアムは大スターのアナの気まぐれに付き合わされていたとショックを受け、アナに別れを告げる。

半年後、突然、ウィリアムのアパートに現れたアナは、売れない頃のヌード写真のゴシップで記者たちに追われているから家にかくまって欲しいとお願いする。
元カレの誤解が解けて、アナとウィリアムは甘い週末を過ごすが、ウィリアムの親友で同居人のスパイクがバーで口を滑らせてアナがいることを喋ってしまう。
ウィリアムの家の前にマスコミが殺到!騒ぎが大きくなったアナは、責任はウィリアムにあると言って怒って去って行く。

一年後、再びアナがイギリスに撮影にきたので、ウィリアムは会いに行くと、アナからは誤解をしていたことのお詫びと愛の告白をされる。
だがその撮影現場で、アナの輝く姿やマイクから聞こえてきたアナの言葉に、ウィリアムは自分がアナには不釣り合いな男だと思い知らされ去って行く
アナが書店に来ても、ウィリアムはツレナイ素振りを見せて彼女を追い返してしまう。
彼女は映画の撮影が終わり、帰国の準備をすると言って帰って行く。

それを聞いた妹ハニーや友人たちは、ウィリアムを責め「二人はお似合いだ、彼女の帰国を止めるべきだ!」と言って、アナの帰国の記者会見をしているホテルに向かう
そしてアナにインタビューをするウィリアムは・・・

2度目の偶然の出会い

この物語の導入で重要なのは、2度目の偶然の出会い。
ハリウッドの映画ではこれがよくあるパターンだけど、なぜか?

2度目の偶然の出会いは印象に残る!=運命だ!(笑)

これしかない!でも映画は偶然だけど、現実では自分でシチュエーションを作るもの。
婚活パーティーや合コンで話をしたら、彼女の行動範囲を聞いておこう。
好きな女性に出会ったら、一度はストーカーをしてみるのも手。
但し、2度目以降は犯罪者と思われるので1度きりの勝負。

最初の出会いから忘れられない程度の期間で「偶然の2度目の出会い」が演出できたら、必ず次の会う約束をする。
だって、相手は運命を少しでも感じるかもしれないから、なんとなく「うん」と言ってくれそう。
逆に言うと、2度目は偶然に会っただけだから、次の約束をしたらサッサとその場を去ったほうが良い。

初デートは外行きの顔から

映画ではアナから「会いに来て」とお誘いがあったが、女性からお誘いがなかったらちゃんと男から誘うこと。

そして初デートへ!
婚活パーティーや合コンで、彼女の行きたいところが判っていたらまずはそこが第一候補になるけど、事前情報がない場合は「映画」とか「美術館」とかが無難。
ただ映画も美術館なども誰でも楽しめるものを選ぶこと、あまりマニアックなものだと外れるかも。

詳しくは「出会って間もない関係のお出掛け(デート未満食事以上)には、映画がおすすめです。」をご覧ください。

そしてイベントの後は、是非、お食事を!!お茶でも良いけど(笑)ゆっくり二人っきりで話ができる空間がいいです。
映画の感想でも、絵画の感想でも、イベントで得た共通の話題を話すチャンスです!

2回目のデートでギャップを狙え!

映画ではアナを自宅でする妹の誕生会に招待する。(これが映画では初デートとも言えるが・・・)
大スターのアナにとっては、気の置けない仲間たちの会話が心地良かった。

映画のようにいきなり自宅だと上手く行かない場合もあるし、ハードルは上がり過ぎるから、自分の男友達に紹介できる場とかに誘う。
ここでは自分のフィールドで、今まで彼女に与えていた印象の逆の良いところ見せるとポイントが高い

仕事ができてオシャレなレストランを知っていると思ってくれてるなら、仲間とバーベーキューに行って率先して料理をするとか。
美術館に行って知的な自分をアピールしていたなら、仲間とスポーツをしているところを観戦してもらって強さをアピールするとか。
1回目のデートとは違う自分の良い点をみせること。

彼女が「意外!こんな一面もあるんだぁ〜」と思わせること。
最強なのはこども好きアピールと動物好きアピール、もちろん自分が好きなことが前提。

待ち受ける困難を乗り越える!

映画では元カレが現れたり、マスコミに暴露されたり、環境の違いに晒されたりします。

流石に彼女が大スターじゃないとしても、自分が好きになるような素敵な女性なら、元カレはいるだろうし、実は彼女はお嬢さまとか、逆にヤクザの親分の娘(発想が貧困過ぎるかなw)とか、生まれ育った環境は必ず自分と違う。

そんなことは当たり前で、それを乗り越えて行くことが必要!
一つ言えることは、男は当たって砕けるしかない(笑)ということ!失敗したら砕ける覚悟を持って、ぶつかっていくこと。

好きになった女性、興味を持った素敵な女性に彼氏や想い人がいるかなんて判らない、しかも判っても意味がない。(結婚は一応NG)
アプローチして元カレだったら関係ないし、彼氏や想い人がいても、そのうち自分の方を振り向いてくれるかもしれない!

だから必ずプロポーズする(自分の好きだ!という意志を伝える、結婚じゃなくて)こと!
そうすれば、彼女が「永遠に」あなたのそばにいてくれるかも?しれない。

カップルで見ても楽しい映画『ノッティングヒルの恋人』

この作品は1953年の名作『ローマの休日』を現代版にしたという人も多い。
『ローマの休日』は、ある国の王女様がローマを訪れた際に、大使館を抜け出しローマ観光をしている途中で出会った新聞記者と、身分違いの切ない恋をするという夢物語。
『ノッティングヒルの恋人』もハリウッドの大女優が、本屋の店長と恋をするという夢物語。

でもそこにはハリウッドのちゃんとした狙い、観客の共感を得るための工夫があちこちにされている。

アナとウィリアムがデートでレストランに行くと、アナがいるとは知らずに別の席で、男たちがアナのゴシップの話をしている。
ウィリアムが彼らを注意するが、彼らは知らぬ顔、そこへ本物のアナが現れて・・・と痛快なシーン、誰もがあんなことを体験したいと思っている。
そこにはパートナーの悪口を言われたら、どうにかギャフンとさせたいという心理があるから。

本物のジュリア・ロバーツも、作品の中のアナ・スコット同様に気が強い女性。
上のレストランのシーンは本人もやりたかったんでしょうね(笑)
ヒュー・グラントも大人気の俳優さんで、ちょっと情けない優しい二枚目がはまり役。

上記の『ローマの休日』もロマンティックなのでカップルにオススメの作品、モノクロの映画でちょっと古いけど、オードリー・ヘップバーンが可愛くて魅力的。
それと妻が有名な映画女優という設定のフランス映画が『ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール』。
シャルロット・ゲンズブールが本当の夫と共演している映画で、ラブコメで面白い。

平凡な男でも素敵な女性を彼女にできるかも?ということで、今回は『ノッティングヒルの恋人』でした!

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る