Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

映画『結婚』 ディーン・フジオカは詐欺師?

コーヒーを飲むスーツの男性
今回は、つい先日公開されたばかりのディーン・フジオカ主演の映画『結婚』についてです。

「騙す男と騙される女たち」の物語、結婚詐欺がモチーフになっています。
そう言えば4月くらいにディーン・フジオカの経歴詐称の記事がネットに流れましたね、どう考えても映画の宣伝としか思えなかったです、私には(笑)

この作品は数ヶ月前に試写で見ました。
作品はというと、主人公に隠された過去が有って、それが物語のキーとなっていますが、どちらかというとディーン・フジオカのファン向けの作品という趣きです。
ディーン・フジオカが超絶二枚目の詐欺師を演じています。

今回は詐欺をするには「見た目が重要」というところから話を妄想します(笑)

人生は運がすべて、でも幸せって?

人生の成功のカギはなんだと思いますか?努力?人脈?
いえいえ「運」です。

あなたが会社勤めをしているとしましょう、一念発起して起業します、起業は簡単です、継続が大変なんです。
でも上手くいく人と失敗する人の差はなんだと思いますか?100%「運」です!
勘違いしないでください、「運」があれば努力しなくても成功する、と言う話ではありません。
起業をする人はみんな努力もしますし、人脈作りもしますし、あらゆることをしています、する筈です、でも差が出るのは結局は運です。

と身も蓋もありませんね。
でも幸せは「運」ではありません、幸せは気の持ちようだけです(笑)
高額な起業セミナーとか、稼ぐセミナーに行くと、最後はそこにたどり着いたりします。
「結婚して子供が生まれて、素敵な家庭を築く、これ以上の価値ってありますか?お金に変えられないでしょう〜」と、高額セミナーの結論がそこか?と思ってしまいますよね。

「成功」と「幸せ」を途中で上手く入れ替えて、高額なセミナー費を取るのは真っ当な行為なのか?
でも、これも見た目の優れた相手=成功した人に言われたらどうでしょうか?

「成功」と「幸せ」は実は別物、そこを上手く入れ替えてみせると人は勘違いします。
「幸せ」は目に見えないものですが、「成功」は目に見えるものなので、すり替えができるのです。

人は見た目が9割

最近では「人は見た目が100パーセント」というドラマもありましたよね、モテないリケジョ役が人気の美人女優・桐谷美玲というところがナンですが。

映画『結婚』でも完璧なビジュアルで二枚目ぶり、しかも番宣でもスポーツ万能、歌も唄うは楽器を演奏もするし、非の打ち所がない(汗)
1980年の生まれのディーン・フジオカですが、彼が注目がされたのは2016年のNHK「あさが来た」の出演がキッカケです。
日本ではそれまで芽が出ず、海外を拠点に活動してきて、やっとこの歳でチャンスを掴んだのも「運」でしょうね。

でも見た目が優れていると、努力と同等くらいの価値がある・・・これはどうしようもない。
人は見た目で第一印象を決めてしまうので、どうしても見た目に優れていると一歩リードしてしまう。

「成功」は目に見えるものですから、二枚目のディーン・フジオカは「成功」している人に見せかけることは簡単です。
本当に学歴詐称をしたのかは私は知りませんし、興味ありません。

と言うことは、真似てしまえば良いということ?

詐欺師並みにモテるには、詐欺師の真似をしてみれば?なんて安易に考えてみましょう(笑)

よく言うのが「詐欺師はスーツを着ている」と言われます。
ほら保険の勧誘を見てください、いつも保険の外交員はスーツを着てるでしょ?というのは半分冗談ですが、なぜスーツなのでしょうか?
それは一番無難で好印象を与えるからです、スーツは企業の信用を着ているようなものなので。
アロハシャツ着てサングラス姿の男が近づいてきたら、特殊な趣味の人以外は引くはずです。

スーツならセンスがなくても着こなすことができるし、ワイシャツにスーツと同系色のネクタイや靴下で揃えれば違和感はなし。
注意するのが、高級感よりも清潔感
高級な革靴よりも、ちゃんと磨いている革靴といった感じ。

今は車もカーシェアリングを使えば、外車も使える世の中。
最近のデートには車を使うケースは少ないみたいだけど、逆に高級外車を使ってのデートは男の価値を上げてくれる。
もちろん、これも騙しのテクニックだけど。

人間は本質を隠す

他人の本質を知るには、付き合ってみるしかない(笑)
では誰と付き合うか?圧倒的に「見た目の良い人」を選択する。
人は第一印象に左右される、そして第一印象以上のインパクトを2度目の出会いで与えることができれば、3度目以降は流れで乗り切れる。

決して、ディーン・フジオカのようになれ、とは言っていない、まず不可能だろう。
二枚目・高身長・細マッチョのスポーツ万能、音楽もたしなむ。

そこまでは無理にしても「成功」している人に見せかけることによって、自分が「成功」している人の側にいれば「幸せ」になれると信じている人を呼び寄せることができる、だから見た目は大事。
見た目を作るのも、生まれ持った顔や身長もあるが、それ以外の部分は自分でしかいない。
フッションを磨き、工夫をすればそれは実現できる。

数多くの恋愛をする人間が、自分の本質を相手に曝け出すだろうか?
人は見かけが大事であって、人は見かけで騙される、だから人は自分の本質を隠そうとする

あなたの恋愛は?

とあるテレビ番組のアンケートで「主婦に昔の元カレから会いたいとの連絡が来たら会うか?」の質問に”実に”3割の主婦が会うと回答。
これは会えば何らかの誘いがあることを期待している筈である。
現代日本の離婚率の高さとも合致するところが面白い。

男性は充足すると浮気をする、例えば地位、例えばお金、これらを手に入れるとほぼ間違いなく浮気をする。
逆に女性は不満を持つと浮気をする
自分のパートナーへの不満がある時に、それ以上に素敵な人、かつて好きだった元カレが現れると、不満の解消として浮気をする。

女性の不満の原点は、実は「妥協」にあるとも言われている。
外見は今ひとつだけど、誠実で経済力があるから結婚した、というパターンは多くないですか?
でもこれは、後々(出世競争に破れたとき)経済力が落ちてくると、「見た目を妥協して結婚したのになんでこんな貧乏暮らしをしなくては・・・この私が」となっていく。

逆に女性も二枚目の良い男を騙すくらいが、社会的にはバランスがとれていて良いのでは。
お金がなくても、セックスをする時に目の前に二枚目の顔がある!とは思える、これって意外と大切かも。

そうそう、夕方のとある高級ホテル周辺を見てみると、60代位のダンディーな男性が美しいアラサー女性と会話を弾ませながら楽しげ歩いている姿を何組も見かける。
不倫かな?と思ってみていると、妊婦さんもいたり、子連れもいたりする。
これは女性の見た目に男が騙されているのかな?確かにそっちもありとは言える。

意外に見た目は長続きの秘訣

日本のことわざ?では「美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れる」というがほぼ嘘
なんでこんな言葉がまことしやかに流布してるのかはらないけど・・・

美女を見ると私は頭の中に印象が残り続けている、ただその場ではあまり見つめたり意識することはない。
逆にブスの方が、思わず注視してしまう、が!いなくなった途端に既に外見の特徴を忘れていることが多い。
珍しいもの見たら、一瞬強い印象を受けた気がするが、その場を離れるとすっかり忘れていることが多い。
男はみんなそうだと思う。

美しい妻を持つと夜の生活が楽しい、という話は男性の本音としてよく聞く。
きっとこれは女性も同じことを考えていると思って間違いない。

見た目に妥協しない、見た目の良い詐欺師なら騙されてみる?さてあなたは?


関連記事(サイト内リンク):ライター山田イトウ 

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る