Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

一人で見ていると恋がしたくなる、小説を原作としたオススメの邦画

映画鑑賞
夏にぜひ見て欲しい、恋愛邦画のオススメ作品です。ネタバレは無いので見てからのお楽しみですよ〜!
仕事から疲れて帰ってきたあと、映画を見て癒されて下さいね。
目次(ページ内リンク)

いま、会いにゆきます

これはとても有名ですね!竹内結子(澪)、中村獅童(巧)が主演です。原作は市川拓司さんのファンタジー恋愛小説でドラマもやっていましたね!

〜あらすじ〜
妻を亡くした巧は息子の佑司と慎ましく暮らしていた。佑司は病気で亡くなった母、澪が残した本を大切に読んでいた。そこには亡くなった人は皆、アーカイブ星という星にいるというストーリーだった。そして最後に"雨の季節に戻ってくる"と書いてあり、それを信じた祐司は…


これは有名なので、一度は見たことあるかもしれませんね。本当は季節にあった梅雨に見た方が良いと思うのですが、ひまわりがたくさん咲いてるシーンがあり夏に見てもぴったりだと思い、オススメします!
これは久しぶりに見ても良い話ですよね〜。最後の場面でオレンジレンジの歌が流れるのが良いですよね。

サヨナライツカ

辻仁成の小説を映画化した作品です。
中山美穂(沓子)とイケメン俳優の西島秀俊(豊)、石田ゆり子(光子)が主演の三角関係の大人なストーリーです。
舞台はバンコク。


〜あらすじ〜
好青年と呼ばれているエリートビジネスマンの豊はバンコクに単身赴任することになった。豊には可愛らしい婚約者、光子を日本に待たせていた。バンコクに赴任して出会ったのが美しい沓子だった。
沓子はなぜかお金に不自由なく暮らしていて、ホテルのスイートルームに住む女性だった…


"人は死ぬときに、愛した事を思い出すのか、愛したことを思い出すのか"

この物語の良いところは最後まで、きちんとストーリーがあるところです。ほとんどの映画は意味深なところで終わりますが、この映画はきちんと最後まで話があるんです!

ラブシーンがあることから少し大人のストーリーなのですが、身近でも起こり得る話なので、ドキドキしながら見てしまいました。

西島さん、イケメン過ぎますし、見所満載ですよ!

東京タワー

原作は江國香織さんの小説です。主演、黒木瞳(詩史)、岡田准一(透)。舞台は東京。


〜あらすじ〜
一等地に自身のセレクトショップを持つ詩史。旦那とも仲良く、何も不自由のない生活を送っていた。パーティーを開いた時に友人に紹介された息子が透だった。当時高校生の透。年の差20歳以上離れているのだが…

透の友人の耕二も年上の女性と交際を始める…


原作が江國さんの小説なだけあって、面白い!女性目線の小説は感性がありますよね。そして、大人の物語です。
年の差の2人がどうなってしまうのか気になりますよね!そして、友人も同じく年上女性と付き合ってどうなるのか。
今ではスカイツリーですが、東京タワーっていうのが素敵なんですよ!

ただ、君を愛してる

市川拓司の恋愛寫眞 もうひとつの物語が原作です。
玉木宏(誠人)宮崎あおい(静流)主演。
大学生のストーリーです。

〜あらすじ〜
なかなか大学生活に馴染めない静流。身体にコンプレックスを持っている雅人。
車が走る中、手を挙げて渡ろうとする静流。信号機は赤だ。なかなか車は止まってくれない。誠人はそんな静流に、シャッターを押す。そして、向こうにボタンがあってそっちじゃないと止まってくれないよ。と言う。それが2人の出会いだった。そして2人は次第に打ち解け仲良くなっていく。
そして、誠人の趣味のカメラを静流に教えてあげ、だんだん仲は深まっていくと思いきや…

静流を演じるあおいさんがとにかくとっても可愛い作品です!大学生の生活が描かれているのですが、どこか大人っぽい感じかするので、大人が観ても楽しめます!
音楽は大塚愛さんの歌でとっても良い作品です!

まとめ

2000年あたりの映画って新しくなく、古くもなくでとても見やすく、サラッと観れるんですよね。
その年代の映画は良いものが多いんですよ〜。それに、小説を原作とした実写映画なので、映画観賞後、興味を持ったら、ぜひ小説も読んでみて下さいね!

関連記事(サイト内リンク):映画『ラ・ラ・ランド』 どんなに愛し合っても運命の人とは限らない

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る