Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

かっこ悪いと思うあなた!ファッションで自信を取り戻すためのたった3つの方法

2017年6月20日makioモテる
ファッション
パートナーを探したいけど、容姿にコンプレックスがあって、なかなか話しかけられなかったり、誘うのが難しかったり、自分に自信がないというあなた

私もそうでした。でも今は普通に自分に自信を持てるようになりました。今回は、ファッションを通じて、私が自信を取り戻していった方法をお伝えします。
目次(ページ内リンク)

自信がなかったころ…

私はもともとは、ファッションには興味があって好きでした。でも、普段行き慣れていないセレクトショップに行くと、私が行って場違いじゃないかな?と不安になり、挙動不審に。服も選びたいけど緊張してるから冷静に判断出来ずに、試着もそこそこに、ささっと買って、あまり似合わずそんなに着ない。でも高かったからずっとクローゼットの中に眠ってる。そんな感じでした。

あと、組合せを考えるのが難しかったので、よくマネキンが着ている組合せで、良いなと思うものがあるとそのまま買って着ていました。でも、マネキンが着て映えるものと、自分で着て映えるものって違うんですよねー。好きな服と似合う服は違う。何となくは感じてましたが、原因が分からず、残念な感じになっていて、自信もありませんでした。

ロジカルファッションとの出会い

ファッションに自信ないなーと長年悩んでいたところ、勝間和代さんが友人の竹岡眞美さんを招いて開催した「ファッションロジック」講座に出会い、参加してきました。

竹岡眞美さんのファッションスタイリングサービスのホームページに、ビフォアフターの事例があるので、見てみて下さい。同じ人なのにこんなに変わるんです。それで気付いたんです。顔貌は変えられなくても、ファッションを工夫すれば、見た目は良くできるじゃん、って。

竹岡さんから学んだことは、ファッションのポイントは「色」と「サイズ」ということ。

まず色。色が多すぎるとバランスを取るのが難しいので、色数を抑えること。例えば、トップスが青なら、メガネやバッグなども近い青を選ぶなど、小物も含めて全身でコーディネートして、全体の色を3色以内に抑えること。

次にサイズ。自分に合ったサイズを着ること。合わないサイズを着ていると、シルエットが崩れてだらしなく見えます。痩せているか太っているかは取り敢えず置いておいて、服の元々のシルエットを活かせるようにジャストサイズを着ること。

その為には試着! 必ず試着をして下さい。私は服屋さんに行くと、気になったものは片っ端から試着します。平均10着ほど試着して、買うのは2〜3着です。良いなと思っても着てみると、あれ?というのは多々あるんです。着て良いなと思うのは、5着に1〜2着。もう一度言いますよ。必ず試着ですよ。

その為には、まずは服屋さんに行きましょう。
個人的には、J.FERRY、GU、ZARAの順にオススメです。お近くにない場合は、ユニクロ、無印、H&M等でもOK。生地の質やデザインで言うと、前者の方が良いですが、後者でも初心者さんには良いと思います。

気になることを後回しにしない

ファッションが整ってきたら、次はあなた自身です。

爪は綺麗にしてますか? 髪は整えていますか。伸びっぱなしになっていませんか。ちょっとしたことを後回しにしていると、それはあなたにマイナスのメッセージを発します

あなたは爪を毎日、何回見ますか? 10回や20回ではきかないぐらい見てますよね? その度に自分が汚いと思う爪が目に入ったらどうでしょう? 爪から自分に対して、繰り返し繰り返し、マイナスのメッセージが発せられていたら、自信だって削られていくんです。そんなところで自信を無くすの勿体無いですよね。だから、逆に爪を綺麗にしているとプラスのメッセージを繰り返し自分に送ることが出来ます。爪を綺麗にしていると自己肯定感が高まるという研究結果があるんです。これは科学的なエビデンスに基づいた事実です。

自分のことを好きになる

ファッションも髪も爪も、自分の身なりに気を使って、自分を大事にしてあげて下さい。自分を大事にすればするほど、自己肯定感が上がってきます。自分のことが好きになっていきます。

自分のことが好きというのは、ナルシストとは違います。ナルシストが好きなのは、偽りの自分です。本当の自分ではありません。

自分のことを大事にできる人は、本当の自分のことが好きになれる人です。自分のことを好きになって自信をつけて、あなたのパートナー探しの一歩を踏み出しましょうよ!

関連記事(サイト内リンク):自分の強みを生かすと、もっと自分を好きにな

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る