Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

香水のもつ魅力、モテる香りの使いかた

2018年1月12日masa0891香り
香水
香水の持つ魅力、もうそれは魔力と言ってもいいかもしれません。
匂いの種類には際限がないと言わんばかりに、豊富な香水が売られています。

女性は言うにたがわず、男性でも香水をつける方が増えています。

落ち着いた洋服で着飾り、艶やかな香りを醸し出せば、あなたの魅力もより引き立つでしょう。
目次(ページ内リンク)

香水の種類とつけ方

一言に香水といっても、会う人や場面によって、違う香水を使いますよね?
そうです。香りによって伝えたいメッセージ、それを使い分けることが出来れば、モテ度の上昇間違いナシ。

ただ、香水を使う上で、気を付けておきたい点が二つあります。

一つ目は、香水の種類。主に下記の4つに分類されます。どの様に使い分けるかは、あなた次第。
二つ目は、香水の匂いの継続時間。香水の種類によって、匂いの濃度=強さが異なります。

<香水の種類と持続時間>
1.パルファン    6〜12時間程度
2.オーデパルファン 5〜8時間程度
3.オーデトワレ   2〜4時間程度
4.オーデコロン   2時間程度


1つ目はパルファン 、香水の中でも最高ランクです。もちろんお値段もそれなりですが(苦笑)
使われる場面は、フォーマルなパーティなど。ここ一番って時にお使いください。
他の香水は、主にスプレータイプですが、パルファンは液体です。

但し、かなり強く香るので、付ける量は1滴で十分!
1滴を肌の一点に落とすような感じで


2つ目はオーデパルファン、パルファムより匂いの強さは落ちますが、品格のある香りが楽しめます。
高価なパルファムよりも気軽に使えるので、人気の高い香水となっています。
付けるときは1〜3プッシュ程度、つける時は線を意識して、細く伸ばすようにしてください。


3つ目はオーデトワレ、柔らかな香りでカジュアルに使えます。
汎用性が高く、普段使いにはもってこいなので、会社で使うにはおススメ。
付けるときは2〜4プッシュ位で、こちらも線を意識した付け方がいいでしょう。
持続性が弱いので、4時間ほど経ったら付け足しもOKです。


最後の4つ目はオーデコロン、爽やかで軽い香りが特徴です。気分転換する際に使ってみるといいでしょう。
スポーツやお風呂上りの時に付けるのがオススメです。持続時間は2時間ほどと短いので、沢山つけても大丈夫です。
まとまった範囲に「面」でつける様に意識してみてください。

上手な香水の使い方

香水を使う上で一番注意したいのが、匂いの濃さです。
上記でも説明しましたが、香水の種類によって香りの強さは異なります。

自分がとても心地いいと思っていても、他の人も同じように感じるとは限りません。
特に、つけたての香りは強烈です。
百貨店の化粧品売り場の様に、四方八方に香りをばらまかないようご注意ください。

強すぎない香りの付け方、目安としては、「適量は1回4プッシュ」になります。

首筋や手首は、周りの人の鼻に近く、香りがきつく感じられやすい部分です。
付け足す際は、足首やウエストなど、ゆるやかに香る場所につけるようにしましょう。

また、あえて複数で使い分けず、一つの香水を使い続け【その人の香り】を演出すると強い印象が残るでしょう。
その人のチャームポイントになれば、頼もしい武器になります。

香りが及ぼす効果

何気なく香ってきた匂い、そこに「懐かしい」と感じたことはないでしょうか?
忘れていた昔の記憶が蘇ったり、楽しかった出来事を呼び覚ましたり。

匂いというのは、人間の記憶と深く結びついているそうです。

匂いによって思い出す記憶のフラッシュバックは、他の感覚器からの刺激よりも、感情面に伝える信号が強いことが分かってきました。
つまり、匂いは人間の喜怒哀楽に結びつきやすく、本能的な行動にも直接作用する、ということです。

そして、この匂いの記憶は【忘れにくい】という特徴も持っています。
つまり、好印象を与えた匂いは、人の記憶に強く残るので、アピールの効果としては抜群。

この事を踏まえ、嫌な匂いを消し、良い匂いを届ける様に意識してみてください。
きっと、意中の相手とも親密になれるはず。


冬は乾燥しますので、お肌対策もぬかりなく!

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る