Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

恋愛に臆病になっているすべての人へ〜恋愛のススメ No.2

2017年6月23日Ladybug#出会い
恋愛
前回の恋愛のススメNo.1はこちら

なかなか出会いがない。いい人がいない。私もそうでした。いないと思うといつの間にかほんとに誰もいないものです。頭で考えているよりも、まずは誰かに会いにいってみよう!良い出会いは必ずあります。

好きな人に声かけるって勇気がいる!

ちょっといい人だなと思う人
おかしな人、変な人、面白い人、第一印象はさまざまかもしれません。どんな人でも、もう少し仲良くしたいと思う人ができたら、声をかけよう!
 
声かけるって勇気がいる!
 
いきなり“付き合ってください“でもいいかも。
もちろん、思いっきりNOと言われても気にせずに。
 
ちなみに私はいきなり“付き合ってください“と言われたら、
嬉しいけれど断っちゃう!飛び込む勇気がない。。。
 
自分から声をかけようとしって、なんて声をかけるか考えている間に“解散”なんてことが度々あってなんど疲れたことか。いま思うとそれを楽しむことが恋愛の始まりなのかも。
 
 
何が好き?
相手に何が好きかを聞くのは楽しいスタート!
本は好きですか?
漫画好きですか?
映画は好きですか?
自分も聞かれたら嬉しい!
 
それで相手が嫌そうなあ、つまらなそうな感じだったら離れていい。
相手も大切にするけれど、自分も大切にすること。これは恋愛の鉄則だと思います!
“自分はどうでもいいから。”なんて言う人がたまにいるけど、ダメダメ! 絶対ダメです。

肌感覚大切にしよう!

それから、何事にも点数をつける人がいるけれど、もっと体験を大切に!
点数をつけるのは、“測る”ってことだから、私はあまり好きではないです。
仕事は100点だけど、見た目が60点とか?
見た目90点だけど、親は50点とか?
 
人を測るってことは、自分も測るのかな?
何かを基準に点数がつくと思うけど、そもそも人と比べられたら、テンション下がる。
恋愛は数字では語れない!もっと肌感覚大切にしよう!

1メートル離れていたらキスできない!

いいなと思う人ができたら、少し近くに寄ってみよう♪
そんな肩を寄せるまでいかなくても、隣の席に座ってみるとか。
前の席に座ってみるとか。相手の荷物をさりげなく持ってあげるとか、何かとってあげるとか。接近するチャンスはたくさんあるある!
ほんとにいいなと思う人ができて、離れていたらキスできませんから。
 
こうやって書いていて、“じゃーあなたできるんですか?”と聞かれたらちょっと困る。
そう、実はそんなことはず〜とできませんでした。
でも、年齢を重ねてきた今、おばあちゃんになる日がすぐそこまできてしまいました。(笑) 
だから、伝えたい。今ここで悩んでいる人がいたら、いきなり隣にすわれなくても、隣の隣とか。とにかく、動いてみることを。
 
相手の温度をみながら、そっと近くにいることは大切です。

恋愛はとにかく会話から

“そんなの古い!”という人もいるけれど、昭和生まれの私はやっぱり会話からが好きです。
少し前の私は好きな人に「冷たい態度をとる」という意味不明な行動をしていました。
そんなことでは恋愛に発展しませんから、もちろん好意的な態度で会話をしましょう!
 
相手に興味をもって会話できたらいい!
相手の話を聞いてあげられたらもっといい!
 
もし、相手に嫌なことを言われたら離れればいい!
自分のことを大切に!
とにかく、どこで何があっても気にしない。自分を責めない。もちろん相手も責めない。
 
自分ですべてコントロールはできません。それが恋愛のいいところ。
それを楽しむくらいの余裕をもって、行きましょう。はらはらドキドキ。自分がドキドキしてるのは外からはわかりませんから。ホーカーフェイスはほどほどに。

自分のこと好き?

嫌な人と一緒にいることはないけれど、
初めからあれもダメ、これもダメ、相手のダメなところばかりが目に入る時は
自分のこともダメ、ダメ、ダメ、と無意識に判断しているかもしれないです。
私は不完全な自分をずっと好きになれずにいました。
不完全が当たり前だけど、できない自分、可愛くない自分が嫌いでしたから。
 
だれにでも長所はあるのに、もしかして、長所って短所の影にすぐに隠れちゃうのかも。
 
付き合うかどうかは別として、とにかく出会う人の長所にスポットライトあてていこ。自分にもね。

オススメ記事(サイト内リンク):「出会いはあるんだよ、ただ君が妥協していないだけ」をロジカルに考える

この記事を読んだ人におすすめ

結婚相談所パートナーエージェントが運営するパーティー

PR

最新の投稿

ページのトップへ戻る