Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

結婚できない女性の「盲点」とその「対策」、教えます!(完結編)

カップル
もスペックもフツなのに、モテまくってる先いてみた!35は、前編中編に引き続き、婚活女子がおちいりがちな「盲点」とその「対策」をお届けします。いよいよ、完結編。男性の選び方、そして妥協点の見つけ方を具体的に解説します。
目次(ページ内リンク)

男性の選択肢を増やそう。

コーヘイ
コーヘイ
さとて今週は、このテーマの完結編だ。
ここまでできたら、次は「どう男性を選べばいいか?」ってとこになる。
キーワードは「まずは選択肢を増やす」ということだ。
あー、あとそうそう。この辺でよく言われるのが、左脳で考えすぎとか言われるけど、左脳で考える男を落とすのだから当たり前と言っておこう。
では本題。
 
ナオト
ナオト
お願いします!
 
コーヘイ
コーヘイ
じゃあ、今回もまずは、ひとつワークだ。

① 自分の思っている超完璧な理想の男性像を書き出してみてほしい。
前回・中編のワークで書き出してくれていればここはいらない)
② 次は、本当に絶対に結婚はありえない男性像を書き出す。

まず、男性を選ぶ時のゼロ・イチをはっきりさせること。
そのゼロとイチの間が妥協点だとするならば、今はそれがない状態。無いなら妥協はできないよね? 
つまり、この妥協の条件を出しまくって、境界線を広げることで選択肢を増やすことができるんだ! 今はとにかく選択肢が少なすぎるのが問題!!
その増やし方は
  • 超理想の男性のどの条件なら変わっても妥協ができるのか?を探るために、希望条件を全部出しまくる。
  • その中で妥協できる条件を選び出し、妥協点に変える。
  • 妥協点を出し切ったところで②の「結婚はありえない男性像」と比較してみる。
とまあこんな風に、とにかく条件を出しまくって、自分の妥協点を探すこと。
反対にここは無理だった!なんて新発見もあるかもしれない。ぜひ、やってみて欲しい。
凄いざっくりだけど、例を書いておく。
 例)
① イケメン・高身長・年収1,000万以上・雰囲気が○○etc. とにかく条件をいっぱい出す。
② 口が悪い・一緒にいて不快 etc. 
③ ①はイケメンでなくてもOK みたいに出した条件を消していく。
④ 最低条件と②と比べてみる。→もしかしたらもう少し削れるかも。→再度消すチャレンジ。
 
とにかく文字化することが大事だな。
 
ナオト
ナオト
ちょっとハードル高いですねー。めんどいかも…。
 
コーヘイ
コーヘイ
まあ、強制ではないからね。やるやらないは任せる。
でも何かを変えたいなら、行動を変えるしかないからな。今までと同じ行動をしていても結果は一緒。行動を大きく変えることで、結果は善かれ悪かれ大きく変わる。変わりたいならやることだとオレは思うよ。結局はフィーリングだったりもするんだけど、ガチガチになった固定観念がこれで少しでも変わってくれればいいかな。
 
ナオト
ナオト
ですよね…。

加点方式で男性を選ぼう。そして、複数人同時進行で!

コーヘイ
コーヘイ
(笑)まあとにかく!
アリかナシかのゼロイチで男を見たり、減点方式で判断をするではなく、せめてゼロから始めて加点をしていく形にしないとね。モテていた女性こそ、そういう減点方式の判断が多い。だって、かつては選べる立場だったんだからさ。
コーヘイ
コーヘイ
じゃあ、次のステップ!
自分の選択肢がこれで大きく広がったはず! あとは男性にアタックしていくわけだけど…。
前にも言ったように、時間がない! もう複数人同時進行!
 
ナオト
ナオト
男性向けにもよく「アタック数を増やす」って言ってましたもんね!
 
コーヘイ
コーヘイ
そう。件の女性も、丁寧に、この人いいなー。ダメだったー。つぎー。みたいにしてたけど、そうこうやってられない! 
女性は抵抗がある人もいるんだけど、もう同時進行! これに尽きる!!
ポイントは、さっき言ったように減点方式でなく、加点方式で男性を選ぶこと!
ここまでくれば、モテていた今回のような女性だったら、ある程度の攻略はできるはずだと思っている。
で、妥協してもうまくいかないってのは、間違いなくプロセスに問題がある。これは、その方の事象を聞いて判断をしなくてはいけないから、もしオレに相談したければTwitterでDMを送ってきて欲しい。

自分にとっての幸せを、いま一度見つめ直してみよう。

コーヘイ
コーヘイ
「でも、やっぱり駄目なんです。妥協できません」って人にも、今回は特別にアドバイス!
 
ナオト
ナオト
出てきますねー!
 
コーヘイ
コーヘイ
やっぱり自分の幸せってものを見つめ直して欲しいってとこかな?
結婚したいって言っても、それはあくまで幸せになるための手段ってことで、絶対にゴールじゃない。親とかもうるさいだろうけど、それって世の中のスタンダードで、しかも、日本に限ったことだったりするからな。世の決めた幸せ像に取りつかれなくてもいいんだ。絶対に、婚活に疲れないで欲しい。
どうしても割り切れなければ、最悪「婚外恋愛」なんて選択肢もある。要は世の中にありふれた幸せの形にとらわれないで、二人のあるべき幸せを探すのも一つではないかな?
賛否両論はあるけど、関わる人が幸せならいいんじゃないかな。こういう例もあるので参考に。
 
結婚している夫婦が互いに恋人をつくる「婚外恋愛」を許可しているという夫婦が話題

『1122(漫画)』あらすじ・ネタバレ感想!婚外恋愛許可制夫婦の実態!
 
ナオト
ナオト
へー。こんなのあるんですね!
 
コーヘイ
コーヘイ
それに、どうしても子供が欲しければ、子供だけ作ってしまうことだって、今の日本ではまだちょっとかもしれないけど、だんだん環境はできてきているはず。
統計的にみても、先進国を見ると婚外子って多いんだよ。実は日本は圧倒的に少ない。他の国の女性は、子どもができたからってすぐに結婚するとは限らない。
彼女たちは、なんて言っていると思う?
「自分の子供をちゃんと育てられるかわからない男とやすやすと結婚なんかできない」なんて言うんだぜ。
他の国は女性が働ける環境がしっかりしているというのもあるんだけど、こういうの聞くと日本も、もっともっとがんばらなきゃな。
 
ナオト
ナオト
そうですね−。
 
コーヘイ
コーヘイ
とにかく。結婚することが全ての幸せになるわけではない。幸せの形は人それぞれある。もう一度自分に向き合ってみよう。
そして、何かを決断するのは難しいことだ。
話していて思ったんだけど、『決定力!』っていう本の中に、WRAPっていう考え方がある。
おれの今回の考えの源泉にもなっているから、よければぜひ読んで欲しい。きっと参考になるはずだ。
ここのサイトがWRAPをうまいことまとめている。

決定力! :正解を導く4つのプロセスの書評 WRAPモデルで考えることを習慣にしよう!

ちなみにWRAPは
(W)iden Your Option 選択肢を広げる 
(R)eality-Test Your Assumptions 仮説の現実性を確かめる 
(A)ttain Distance Before Deciding  決断の前に距離を置く
(P)repare To Be Wrong  誤りに備える 
 
ナオト
ナオト
そういうことかー。決定する時に役に立ちそうですね。
 
コーヘイ
コーヘイ
最後に、同じように婚活で苦しんでいて、葛藤している女性をモデルにした漫画を紹介しよう。きっと共感できることも多いはずだ。

『美人が婚活してみたら』

ある程度は無料で読めるから、時間があったら見て欲しい。
 
ナオト
ナオト
いやー、今回はなんだか熱かったですねー。
 
コーヘイ
コーヘイ
いやいや、オレが思っていることは、ずっとたった一つ。
オレは女性に優しいし、幸せになってほしいんだよ。
 
ナオト
ナオト
やられたー!

今日のまとめ

  • 男性の選択肢を増やそう。
  • 加点方式で男性を選ぼう。そして、複数人同時進行で!
  • 自分にとっての幸せを、いま一度見つめ直してみよう。 
3回に渡ってお届けしてきた、結婚できない女性の「盲点」とその「対策」、いかがでしたでしょうか。男性の選択肢の増やし方や、男性の選び方として加点方式や、複数人同時進行を勧めるなど、うまくいっていな状況を踏まえてか、かなり「現実的」なアドバイスだったような気がします。参考にしていただいて、いい人と出会えることをお祈りします。現状のままでは何も変わらないのだから、今こそぜひ何かを変えてみてください。

もスペックもフツなのに、モテまくってる先いてみた!〉は、毎週木曜連載です。次回も、どうぞお楽しみに。
コーヘイ先輩がつづるTwitterと「ココナラ」の「恋愛相談」も、ぜひ覗いてみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る