Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

30歳になる前にどうしても子供を産みたいあなたへ

子供
男尊女卑の時代をから、男女雇用均等法をきっかけに、イクメンという言葉が生まれる時代へと変わりました。

婚活ハズレ世代というのは存在しない。婚活が厳しくなる年齢になったということ 


「かわいいお嫁さんになりたい」という専業主婦が当たり前だった昭和の時代から、「男女共働き」が当たり前になった現在。日本の男女平等を実感します。

それでも女子なら、結婚して、子供を産んで、美味しいお料理を作って旦那さんの帰りを子供と一緒に待つ、なんて幸せな家族を思い描いている人も少なくないはず。

そんな30歳になる前にどうしても子供を産みたいあなたへ、今からでも間に合う心と身体の準備について、ご紹介させていただきます。

かっこいいより楽を選ぶ

幸せな結婚生活、といえば、格好いい旦那様!朝御飯の準備ができれば、ベッドルームへモーニングキッスで起こしに行く。焼きたてパンを食べながら、ほんのひとときの二人時間。行ってらっしゃいのキスは、結婚前の二人の約束、忘れないでね。なーんていう世界は、夢物語!!あっという間に現実に追われますよ(笑)

共働きで朝からバタバタ、「洗濯機まわっていないよ!」「お弁当持った?」「また飲み会?!」。

唯一自慢だったイケメンも、いざ一緒に暮らせば、何にもしないただのマザコンだっなんてことも。

恋愛なら「格好いい」でいいのですが結婚は別物。外見ではなく内面を良くみて、自分を大切にしてくれる人を選びましょう。ポイントは、一緒にいて楽な人です。

そもそもあなたの育った環境はどんな感じでしたか・・?
ほとんどの方が、この朝のバタバタで育ってきていませんか?

感謝の心を持つ

結婚するにあたり、今以上に感謝の心を持てる人になりましょう。結婚する前は、ウキウキワクワクしていて、幸せで見えていなかった部分が、家族になると嫌な部分も当然見えてきます。

その時いかに「ありがとう」という気持ちをもてるかによって、夫婦生活は大きくかわります。

今のうちから感謝の心を持つこと、「ありがとう」素直に言える自分になっていましょう。

健康

元気な子供を産むためには、ママが健康でなくては、というのは当然。お酒やたばこ、お菓子やジャンクフード。自分の欲望のまま生きているとどうなるか、想像つきますよね。

健康とは、身体だけでなく心も健康でなければなりません。体温を計りメモを取る、生理の他にイライラした日、暴食した日などを書いておくと、自分の事が良くわかりますよ。朝起きたら体温計と、今のうちから、習慣化させてしまいましょう。

最後に

子は授かりものとは良く言ったもので、望んでいないのにやってきたり、望んでいるところに来なかったり。こればかりは神のみぞ知ること。あまり「子供が欲しい」と言い過ぎないで、まずは日々毎日を、幸せに楽しく過ごしてください!

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る