Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

結婚したい人が年々減っているのはなぜか

ラブラブなカップル
近年、結婚の晩婚化とともに、結婚の減少率が目につきます。
お見合いパーティーやカップリングパーティーなど、地域型でカジュアルに出会えることができるものも増えているのになぜ、結婚率は年々減少の傾向にあるのでしょうか。

結婚しなくても幸せになれるこの時代に私は、あなたと結婚したいのです
目次(ページ内リンク)

結婚したら一人前の時代は終わった?

過去の80年代頃は、結婚して家庭を持ってこそ、一人前という時代が存在しておりました。
その頃の結婚事情は、20代前半でお見合い結婚や恋愛結婚して、子供を作り家庭を築いた、という方も多いと思います。

それが当たり前の世の中の風潮だったのです。

しかし、近年ではお一人様や独身貴族などの、言葉が出てきました。ドラマで放送されるほど浸透しましたね。

それは、「結婚しない」という選択をした人の、生き様を描いていました。

親は結婚したらどう?と、口に出しては言うものの、お見合いの場を設けるなど積極的に行動する人も居なくなりました。

会社の上司も、お見合いを勧める人は少ないと思いますし、周りから結婚について言われる事も減って来ました。

ひとむかし前でしたら、独身と聞くとお見合いを勧めるなどお節介をしてくださる人もいて、無理やりにでも結婚させようとしていましたが、
結婚しなくても、独身でも生きやすい世の中になったのです。

結婚したいけど結婚できない人

中にはなかなか良縁に恵まれずに、結婚までいかないという方もいらっしゃると思います。
そういう方は、結婚したくても出来ないのですね。

親や上司からの縁談でしたら、結婚までいく方は多いのですが、
今は、プライバシーやプライベートなことは口にしづらいので、なかなかそういうお節介をしてくださる人が居ません。
自分の力だけで探すのは、大変な事だと思います。

なので現在では、お見合い業者がたくさんいます。
パーティーなどのカジュアル型も存在しますが、本当にタイミングが良くないと出会えないのが現状です。

男女ともに、理想が高いのも、結婚できない人の理由の1つです。

他には、金銭面が不安でなかなか結婚できない、と言う人もいらっしゃると思います。
男性で年収300万でもおかしくない時代ですから、結婚となると一歩引いてしまうことでしょう。

結婚しない人、結婚したくない人、仕事や趣味など自由な道を選んだ人

女性の社会進出とともにバリバリのキャリアウーマンも多く存在し、結婚しなくても1人で生きていける、という女性もいますし、男性は男性で、趣味や自由に使うお金を、女性や家庭に使いたくない。

稼いでいる女性ほど婚姻率が低く、稼いでいる男性ほど婚姻率が高いというお話 

自分のために使いたい、という方もいます。

悪いことではないですよ。結婚に魅力を感じないだけ、の話です。

1人の自由な生活と、結婚したあとのイメージを天秤にかけて、
1人の生活の方が良いから結婚しない、という選択をしたのでしょうね。

女性でしたら、せっかく仕事が楽しいのに、キャリアを捨ててまで家庭に入りたくないと言う人も多いことでしょうね。

結婚したら次は妊娠、となりますね?
妊娠して産休、育休とったら以前のポストはなくなるだろう
と思い、なかなか踏み込めない女性も確かにいます。

事実、そうです。ほとんどは会社に居づらくなります。
少しは改善の傾向にありますが、なかなかうまくはいきませんね。

会社がもっとサポートしてくれたら女性は安心して、結婚や出産できる世の中になると思います。

時代の流れで人付き合いが少なくなりシングル生活が増えた

時代の流れには、逆らえません。

過去に何かあれば、改善して現在の世の中になったのです。
プライベートやプライバシーなども、そうです。

だいぶ、住みやすい世の中なのですが、その風潮で生きづらくなっている人がいるのも事実です。

モノや情報が、たくさんありますが、人と人の関わりは少なくなったような気がします。

様々な思想の人が、自分に合った生き方ができるのが、現代の良いところですね。

まとめ

一人一人、理由は違えど、これが結婚率の減少に繋がるわけですね。
結婚したい人はして、したくない人はしない、世の中は素晴らしいと思います。
できない方にとっては、様々な社会問題がありますので、ここがもう少し改善されれば良いなと思います。

もう少し、未来に優しい社会になっていくことを願っております。

20代の女性に告ぐ!婚活のリミットは20代

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る