Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

婚活ハズレ世代というのは存在しない。婚活が厳しくなる年齢になったということ

2017年4月18日管理人800号婚活
婚活パーティーの様子
先日、テレビタックルを見ていたら、婚活ハズレ世代という言葉が出てきた。
女性の33-40歳だったかな?が婚活ハズレ世代だというのだ。
世代という言葉のイメージは、団塊の世代とかで
歳とともに世代は上がっていくイメージだったので違和感を感じたが
まあ、33-40歳の女性がパーティーや街コン、合コンではもてないという話。

今の33-40歳の方が。23-30歳のときはそれなりにもてたはず・・・
ですので世代ではなく
33-40歳の女性はいつの時代も婚活には厳しい年代だということなんですよ。

理由は簡単で、
出会いのターゲットは20代だと同級生から5歳上くらいがもっとも多く
30歳くらいだとそれが10歳上くらいまで広がります。
ということは
33-40歳のターゲットは、男性35歳から40代ということですよね。

男の立場から考える

35-49歳の独身男性の立場になって見ましょう。
こと、婚活している35-49歳の男性の目的のたいはんが子供なんですよね。
これは、以前ぱーてぃーずで行ったアンケートでもはっきりしています。

そこまで独身だったから、恋人ならほしいけど、一生一緒にいるって考えるなら・・・
でも、子供はほしいから結婚したい
そういう方が圧倒的なんですよね
一般的に出会ってから結婚までは、適齢期でも2年から4年くらいかかります。

さあ、これを踏まえて、35-49歳の男性のターゲット女性は28-32歳ということです。
2年くらい付き合っても35歳以下そう考えている方が物凄く多いんです。
30-35歳の男性も、25-32歳の女性がターゲットですので
おのずと、28歳前後の女性はパーティーではめっちゃもてて33歳以上は見向きもされなくなります。

番組の人でもきれいな40歳の方がいましたけど
きれいな人なら交際はしても良いけど、40歳とは結婚したくないということです。
その世代は、バツイチとかで、子供はいいや・・という男性か、50歳前後の少し年齢幅を上げてみないと正直厳しいです。

女性の立場から考える

35-49歳の独身男性の本来のカップリングは
32-45歳くらいの女性が一番ベストだということはなんとなく想定されますが、
上記で書いたように、その年代の男性は「子供がほしいから婚活する」子供ができないなら一生独身でもいいや・・・という方が多数います。

しかし、女性は、子供に執着しているのは30代くらいまでで、アラフォー以降の女性の方は、子供といううことに男性ほど執着していません。

このあたりの男女間の感覚の違いだと思われます。

しかも、アラフォー女性の中で結構な確率で
「私年下でも構いませんよ〜」とか言ってしまう人がいますが

男性は全くそうは思っていないということを付け加えておきたいと思います。

世代ではなく、婚活ハズレ年齢ということ

婚活ハズレ世代とは、今の33-40歳のことではなく(もちろん今もだが)
33-40歳には婚活では男性ターゲットから外れる年齢ということ。

現在28歳の女性ももたもたしているとあっという間にその年代
「私はハズレ世代じゃないから・・」ではなく、年取ったというだけです!

婚活パーティーなどの出会いツールで年齢に関して考える 

まとめ

婚活ハズレ世代という世代はなく
女性が33歳を過ぎると、極端に婚活が厳しくなっていくということだけです。

それを婚活ハズレなどという言葉でくくらないでください。

厳しいというのは、理想を大きく持てないということです。
20代までは10個の理想を掲げても良いのですが、33歳以降は2つまで、40歳以降は1つだけになるということ
それを、年齢で正当化せず、婚活が厳しい世代ということでくくらないでくれというのが今回のお話し。

これによる教訓として、婚活するなら女性は32歳までにすることです。

これからも、10年後も、20年後も、33歳以上になると女性の婚活は厳しくなります。

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る