Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

みんなの前にでたい!街で見かけた男子 | SF恋愛術 自我資質×着想資質

カップル
企業の中だけでなく、人生の中には、人前で、何かを話さなければならない時が、
数多く、存在します。そんなとき、あなたは、どのような感じになりますか?
  1. 積極的に前に出て、話をする、ジェスチャーを多く入れる、緊張はしない。
  2. できるだけ、人前で話したくないので、1ケ所で、直立不動で話す。
どちらがいいか、悪いかとかはありません。
信じられない人もいるお思いますが、
世の中には、大きな舞台の上で、大勢の人に話すことも
緊張しないと感じている人もいるのです。

「緊張する」ということが、ハテナの人たちです。
そんな人たちは、そうですね、ストレングスファインダー自我資質なんてものを
持っているかもしれません。

今日の、街で見かけた男子シリーズでは、
あくまで、「そうなんだろうな」という目線で見ていますので、
必ずしも、その資質を持っているとは限りませんので、
ご了承くださいませ。
目次(ページ内リンク)

ミーティングで、つい、前にでてしまう男子

先日、割と大きなミーティングに参加してきました。
そこで、面白い現象を見たので、これは!!と思って、今日書きます。

発表者は、5、6人いましたかね。
会場は、楕円形で、舞台を囲むようにセットされていました。
(どうやら、TEDをイメージしたようです。)
その中で、2名、あきらかに他の人と違う手法の人が・・・

多い方の手法の人は、画面の脇にたち、
画面を見ながら、会場と目線を交互にさせながら、
説明をするように、話していました。
これは、良く目にする光景でした。

さて、少数派の2名は、どうしたか。
まず、画面の前にできた、U字型の真ん中の場所に、
出て行き、ジェスチャー。
(画面を見るどころか、ちょっと、画面に自分が被っている)

そして、会場の中を、ウロウロ、
相手の反応を見ながら、会場の人にも話かけ、
一体感で話を進める、というもの。

終始、笑いや、会話などが織り込まれ、
会場との一体感溢れる、お話しの仕方です。
本人も言ってました。

「せっかくなので、前にでて、話ます」と。
これは、自我ちゃんでてきたわと、
私は、ちょっと、ニヤリとしてしまいました。

その他の特徴

この人の場合、ミーティングでの、前に出て、話しちゃう、
だけでなく、そこに、
「面白いでしょ!?」的な、ニュアンスで、
笑いが起きるような、話を織り込むところが、
ストレングスファインダー着想資質も、見えるわけなのです。

「それ、面白いね!」とか、「変わってるね!」
とかが、大好物な着想資質。
他の人と、違う発表をすることで、テンションが
とても上がってしまうのです。

あとは、初めて会った人たちに、挨拶とか、
自己紹介するときに、
頼んでもいないけど、
やたら、立ち上がって、コメントする人いませんか?

本人にとっては、いたって、普通なことなのですが、
なんとなく、立って話しちゃうのが、
自我資質の人なのです。

そんな人を羨ましいなと思っている人も
多いはずですね。
「緊張しない」なんて、ありえない!と思っている人が
多いですからね。

恋愛中は、こんなことには注意しましょ

何かと、注目されること、(承認されること)を
とてもして欲しいと思っている、
このような人たちは、パートナーにも
当然、自分に注目して欲しい行動をとったりするでしょう。

そんな時は、こちら側が大人になって、
彼らを、表舞台に立ってもらって、
盛り上げる、というのを、全力でしてあげてください。

自分がその舞台で、輝くことが、
何よりも嬉しいことなので、更に、輝きを増すことができるのです。

でも、自分が緊張しないからといって、
周囲の人にも、強要したりしてはいけません。

発表もやらなければならない、場面は沢山あると思いますが、
不得意な人や、時間のかかる人もいるので、
自分は、特別な人!ということを忘れないでくださいね。

まとめ

ここまで、はっきりと、この人は、こんなものを持っている!
とわかる人も珍しいですね。

会場内を歩き周りながら、
周囲の紹介等をしている時の
とても、輝いているお顔をみていたら、
「うんうん、そうだよね。自我ちゃん。」
という感じと、
「面白いこと言ってやろう」とする感じ、
どちらもが、良く見えて、聞いてる方も
ちょっと、楽しく話をきくことができたと思います。

これだから、人間観察やめられないですね。
次は、どんな人がでてくるのかしら。
楽しみです!

関連記事(サイト内リンク):SF恋愛術

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る