Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

人生は学びの連続!| SF恋愛術 学習欲資質

2017年10月17日Maria恋愛術
カフェ
自分が知らないことを、知っていくことが楽しいと思ってしまうこと、ありませんか?
知らないことを知っていくだけでなく、学んでいるということに
モチベーションを感じて、さらに学びたい!という感情が起きたり、
そのような人は、学習欲資質を持っているかもしれませんね。
さっそく、チェックです。
  • 自分が知らないことやわからないことがあると、知りたくなる
  • 子どもの頃、勉強しろと、言われたことがない
  • 好奇心が強い
  • 常に、学んでいたい衝動がる
  • アインシュタインの「学べば学ぶほど、自分が何もしらなかったことに気づく、気づけば気づくほど、また学びたくなるということばに同感だ
  • 学んだことが、仕事や生活に役立ったことがある
  • 学ぶときには、学ぶプロセスも楽しいと思っている
上記の項目で3つ以上当てはまる人は、ストレングスファインダー学習欲資質を上位に持っているかもしれません。
目次(ページ内リンク)

学習欲資質の恋愛術

学習欲が上位にある人は、新しいことを学ぶ機会がないと、元気がなくなってしまいます。
仕事が忙しくて、そのような機会やチャンスが減っていたら、
そんな人が、パートナーだったら、
ぜひ、デートは新しい本を読むために、カフェにいくとか、
一緒にスポーツをするとか、
旅行に出かけるとか、
または、仲間にあったり、新しいコミュニティに出たり、
そんな、刺激のあるデートをしてみましょう。

元気のなかった、パートナーが、たちまち元気になること間違いなし!です。

また、自分よりもすぐれた体験や知識を持っている人を尊重するので、
そんな人から、教えてもらおうとします。
パートナーが知らなそうなことを、先に調べて知っておいたり、
教えてあげたりすると、へえー、となって、
愛が深まっていくかもしれませんね。

何と言っても、学習欲資質の高い人は、
物事だけでなく、人にも興味を持って、
「知りたい」という衝動があるので、
自分のしらないパートナーのことがあると、
どんどん、「知りたい」と思って質問攻めにあうかもしれませんね。

こんなことには注意しよう!

学習欲資質を持っている人は、「学ぶ」ということ、知らないことを
知ろうとする気持ちが普通です。
あまりに、当たり前すぎだし、楽しいと思っているため、
学習欲の低い人の存在や気持ちがまったく理解できません。

パートナーになった人に対しても同様で、
なぜ、知ろうとしないのか、学ぼうとしないのか、
というところで、イラっとしてしまうかもしれません。

大抵のひとは、子どもの頃に、両親に口酸っぱく、
「勉強しろー、勉強しろー」と言われたものです。

言われずに、勉強してきたのは、あなただからということを、
理解しましょうね。

あとは、知ったかぶりされることを、良しとしないので、
そのような人に出会うと、反発してしまいます。
これが、ケンカの原因になったりするかもしれません。

まとめ

あなたは、世の中には、自分たちの知らないことやわからないことで溢れかえっていて、
知らないからこそ、知りたくなる、そんな特徴を持っています。
これは、あなたの、得意技であり、他の人は持っていないということを認識した上で、
パートナーが知らなかったことでも、
自分が教えてあげる、シェアしてあげる、というような、
役に立つポイントを教えてあげましょう。

そして、パートナーがどんなふうな、知識や体験をしてきたのかを、
興味を持って、聞き出すことができれば、
上から目線で接することなく、対等な立場で自分も、パートナーから
学ぼうとすることで、相手の自尊心も傷つけず、
一緒にいることができるでしょう。

新しいことを学ぶことが大好きなあなたは、
新しい仕事になったとしても、
新しいことを学ぶことに抵抗がないので、
すんなり、入っていけます。
パートナーもそんなあなたを見て、
安心してサポートしようとしてくれるでしょう。

いつまでもワクワクしてくださいね。

ストレングスライター Mariaさんの恋愛術

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る