Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

まだまだマイノリティ?【ヲタクに恋は難しい】

2017年6月29日masa0891相性
秋葉原 歩行者天国
昔に比べて、オタクと呼ばれる人達は、随分と市民権を得てきた手応えがあります。約10年前に起こった、萌えブームなどで多少理解される人が増えたかなと。
ですが、まだまだマイノリティの域を脱していないと見るべきでしょう。

「漫画読むの好きだよ」と言う人に、読んでる作品を聞くと、ワンピースやいった超メジャー作品。おいおいそれって、オタク趣味といえるのか?こちとら、タイトル聞くだけじゃ内容が分からないものばかり読んでるぞと。

今から紹介する漫画も、パートナーが同じオタクでないとついて、長く続かない。しかも、同じオタク同士でも嗜好は多岐にわたり、作品についての感想や価値観に違いが出るのは当たり前…
本の創作活動が生活の一部になってるOL、四六時中ゲーム機を手放さない生粋のゲーマー、イベントで常連のコスプレーヤー。

特定の作品や嗜好のお蔭で、人生こじらせたりもするんです(経験談)

職場や昔からの友人に隠してたけど、自身が重度のオタクだった場合、迂闊なカミングアウトなんて怖くて出来ない。でも、ご安心ください。そんな悩みを抱えてるのは、一人や二人ではありません(笑)

心を開けば、まだ見ぬ理想のパートナーに出逢えるかも?
目次(ページ内リンク)

やっぱり、オタクに恋は難しい?

ここで一つ、オタク同士の不器用な恋愛模様を描いた作品をご紹介。
2015年に、『このマンガがすごい!』でオンナ編の1位に輝いた、【ヲタクに恋は難しい】です。

隠れオタクである桃瀬成海は、会社の同僚と交際していたが、腐女子であることがバレてフラれてしまう。その後、転職先で幼馴染の二藤宏嵩と再会。成海にとって、宏嵩は自分のオタク趣味を隠さず付き合える友達だった。
最初は、宏嵩を異性として意識しなかったため、付き合おうとは思わなかった成海。だが、ある夜、宏嵩は成海に自分と交際した際のメリットを説き、それを受けて2人は交際を始める。
お互いに距離感が掴めず、ぎこちないスタートだが二人の関係はどうなるか。

※腐女子・・・ボーイズラブ(BL)と呼ばれる、男性同士の恋愛を扱った漫画などを好む女性のこと。「婦女子」(ふじょし)をもじった呼び方。

LGBTなどに一定の理解が進みつつあるとはいえ、付き合った女性が、裏で男性同士の恋愛漫画を創作していたら・・・
唐突に、馴染みのない異文化を目の当たりにすると、生理的な拒否反応が出てしまいます。
パートナーが受け入れてくれれば良いのですが、現実はそんなに甘くありません。

関連記事(サイト内リンク):レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)な映画たち

オタクってコミュ症?でも深い見識があるかも

オタク趣味の全ての人が、コミュニケーション能力が低いわけではありません。ですが、一般の人(非オタ)の人とは違ったモノに感性が働くせいか、「オタク趣味を知られたらどうしよう」と考えるあまり、一般の人とは距離をとりがちです。
一人でいることが多かったり、いつも一緒にいる友達は趣味に理解がある。オタク談義に花が咲くと、その手の話題一辺倒。但し、一度ハマると、特定の分野を徹底的に掘り下げたりするので、一般生活に関係ない知識は無駄に身についたりはします(笑)

趣味を理解してもらえる友人は得難いものですが、時として弊害を引き起こすことも・・・

オタク文化のみに長く身を浸すと、自分の趣味に理解・共感を示さない人との接点が少なくなりがちです。そのため、見識が偏り、価値観の違う人を、ノイズとして認識してしまう傾向があります。
これらの原因から、幅広い交友関係が生まれにくいという問題が起こります。

ですが、オタクであることは後ろ暗いことでもなんでもありません。趣味の一つとして肯定し、オタク分野で培った知識を実践に活かせば、新しい世界が広がります。

ちなみに、私がボルダリングを始めたキッカケも、実はある漫画の影響です(笑)
のぼる小寺さん

割と増えてきた、オタク向けの婚活パーティ

一般の人だと物怖じしちゃう。そんな人には、オタク向けの婚活パーティーが効果的です。

私も、実際にオタク向け婚活パーティーに参加しましたが、異性と話す際、サポートするためのツールは多く揃っており、パーティの運営側も参加者に配慮して進行をしてくれます。男女比率も、25対25か10対10など偏りはありませんでした。
必要以上に気構えせず、人の話に耳を傾けることに注意すれば、マッチング率は高くなるでしょう。

とはいえ、やはり場数をこなさないとスムーズな進捗がないので、最初に努力する場力は必要です。オタクに限らず、人見知りが激しかったり会話するのが不得手な人は、一番最初のスタートダッシュが肝心。少しでもモチベーションが高まったら、悩まずグイグイ前に押し進みましょう。

関連記事(サイト内リンク):恋活・婚活パーティーに参加で次につなげるには終了後のお茶(アフター)

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る