Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

カードゲームから学ぶ、恋の駆け引き

2017年9月24日masa0891
ポーカー
恋と、カードゲームの駆け引きは似てる。

こう言ってしまうと、「何を不謹慎な・・・」と受け取られかねませんが(笑)

実際のカードゲーム、特にポーカーブラックジャック、これらのゲームに勝つには、相手との駆け引きが重要になってきます。

日本かるたの一種である、花札も立派なカードゲームの一つ。
どれも、配点の高い役を揃えるのが勝つためのセオリー。ですが、高得点だけを狙っていては勝てません。

欲を出しているうちに、低い役で上がられ、負けてしまうこともあるのです。

関連記事(サイト内リンク):とりあえず付き合ってみたら?恋を休んでいないで。
目次(ページ内リンク)

カードゲームで勝つのは運まかせ?

ポーカーを例にとると、5枚の手札から、相手より強い”役”を作った人の勝ちというシンプルなルール。
但し、強い”役”を揃えるのは、難しいですよね。勝敗には、【運】の要素も大きく関わってきます。

しかし、ポーカーの面白いところは、弱い手札でも勝てるという点です。

手札が、強くないのに勝てる??

そうなのです。

勿論、強い”役”が作れるに越したことはありませんが、確率計算が得意だったり、洞察力が鋭ければ、勝機は見えます。

プレーヤーのカードは、伏せてますので、誰がどんな役を作っているのか分かりません。

重要なのは、対戦相手の勝ち筋を読み、「形勢が悪るければを降りる」・「自信があれば、掛け金を上げる」などの戦術を使いましょう。
仮に、ワンペアしか作れなくても、ブラフ(はったり)を効かせて相手をゲームから降ろすといった戦法も取れるのです。

駆け引きをする心理戦が楽しめれば、勝負が盛り上り、より一層楽しめるでしょう。

映画のワンシーンで光る、ポーカーの名勝負

カードゲームが、物語の大事な鍵になる映画をご紹介。
ハイレベルな勝負を観ると、自分も遊んでみようかな、と思えるかもしれません。

世界的に有名なスパイ映画シリーズ、【007:カジノ・ロワイヤル】
原作小説の1作目を映画化し、俳優の名演技にも注目が集まりました。随所に張り巡らされた、知略戦が楽しめます。


主人公のジェームズ・ボンドは、イギリス諜報機関MI:6のエージェント。

内部汚職を解決し、殺しのライセンス・00(ダブルオー)に昇格する。
武器商人や爆弾魔が企てた、旅客機爆破事件を防ぎ、世界各国のテロ組織の資金を操る黒幕、ル・シッフルを突き止める。

旅客機爆破事件で、株のカラ売りを仕込み、巨額の利益を得ようとしていたル・シッフル
ボンドに事件を防がれ、大損失を出してしていまう。

このままでは、資金を無くしたことで、テロ組織から命狙われてしまう。

追い詰められたル・シッフルは、テロ組織の資金を取り戻そうと、モンテネグロにて開催される、ポーカーゲーム:「カジノ・ロワイヤル」に参加することに。

ボンドとル・シッフル、巧みな心理戦が交錯し、息も詰まるようなポーカー勝負を繰り広げる。


よくあるスパイ映画ですと、アクションがテンコ盛りで、ハイテクな小道具の演出などに注目しがち。
しかし、007:カジノ・ロワイヤルの見どころは、緊迫したポーカー勝負の場面です。

ディーラーのカードを配る所作、主役を引き立てるボンドガール、諜報機関の的確なバックアップ、随所に洗練された演出があります。

プレイボーイの代名詞にもなる、ジェームズ・ボンド。
彼のテクニックは、甘い口説き一辺倒だけでなく、時には焦らし、時には慰め、男がモテるための極意を、存分に発揮してくれます。

恋の駆け引きには、どんな方法が有効か

恋の駆け引きも、押しの一辺倒では上手く行きません。

押すだけでなく、引く、待つ、搦め手(カラメテ)を効かすなど、相手の心を掴むには、幾つもの手段を織り交ぜるのが効果的です。

1.まずは、空気を読むこと
2.他の人がしている事とは、違う対応をする
3.一度に全てさらけ出さず、自分の本性は小出しに見せる
4.余計な事は何も言わず、相手の手をそっと握る
5.笑顔を絶やさない

この様なテクニックや、相手と接する時の心構えは必要ですが、最後にモノをいうのは場数です。

最初から上手く行かないのは当たり前。慣れないことは、挙動が不自然だったりするものです。
失敗したかな?と思ったら、手を変え品を変えて試してみましょう。

大丈夫、相手の事を想い、自信をもって行動あるのみ。好きな人ができた!脈アリかどうか気になる時あなたがすべき行動はこれ

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る