Letters 恋愛のきっかけ 一通の手紙
  • hatena

男女必見!結婚は、恋愛の延長ではなく、タイミング!| 女のホンネシリーズ

2017年7月27日momo
ハート
こんなカップルいませんか?
付き合い長いのに、全然結婚する雰囲気なくて、
知らないうちに、別れてしまってるパターン。

「長い春」って言われているけど、
それだけではない、結婚するタイミングがあるってこと、
どうやら、本当らしいです。

結婚したいなら、この「タイミング」を
しっかり、掴んで、お互いの「タイミング」を合わせて
ゴールインするしかないのです!
目次(ページ内リンク)

女子の結婚したいタイミング

女子の結婚したいタイミングとは、
遅くても、30歳までには、結婚したい。
子供も産みたいし、若いうちに綺麗な花嫁さんやりたい。

なので、大学卒業して、就職して、
2、3年たったころ、もし、付き合っている彼氏がいるなら、
結婚したいなって思うのは当然。

相手が、ちょっと離れた年上なら、
そんな願いも叶ったりしちゃうかもしれません。

しかし、そんな都合良い感じでは、
男子はいないのです。

タイミングががっちり合う男子と巡り会えた女子は、
ラッキー!って感じです。

関連記事(サイト内リンク):
婚活業界の女性の最初のリミットは32歳あたり33歳あたりからグーンと人気がなくなります

男子の結婚したいタイミング

男子の場合、まずは、自分が仕事において、
自信を持ってくるところがスタート。
彼女との生活ができるかどうか、
子どもを育てられるかどうか、
そのあたりを踏まえても、自分がどれだけ、仕事できるかがポイント。

そうなると、20代で結婚を決めるというのは、
なかなかの、恋愛体質な男子。

自分のキャリアに自信が持てるようになると、
結婚を意識した付き合いができるようになるようです。

関連記事(サイト内リンク):
エクシオ福岡会場に行ってみたレポート(口コミ情報:評判は?どうか) 

ふたりのタイミングが合うって奇跡

こんな感じでみると、
同じ年くらいの相方と付き合っていると、
なかなか、タイミングって合わないと思わない!?

だって、彼氏、「キャリア」を考えて、今は頑張る。
女子、「早く結婚したい」
の掛け算。

女子が結婚したいタイミングでは、
同じ年くらいの男子は、結婚はまだ考えられないって感じ。

じゃあ、もし、後のタイミングでは、どうか?
男子が、キャリアに自信を持ってきて、
「さあ!結婚!」って考え出した時、

なんと!遅ればせながら、女子も仕事に見ざめ・・・
今度は、女子が結婚より、もう少し頑張りたいと、
自身のキャリアに目覚めていく、という図。

タイミングの逆転現象が起こってしまうのです。

さあ、どううする1?タイミングの合わない男女

結婚したい女子に告ぐ!
もし、自分が結婚したいのに、相手のタイミングが
結婚モードでない彼氏の場合、どうするのか。

はっきり言って、
お別れしたほうがよい!
その彼氏がもし、あと5年する気なかったら、
あなたは待てますか!?

華の命は結構短いのです。

そんな彼氏に、結婚しようとせまって、
うざがられて、喧嘩が耐えなくなるより、
とっとと捨てて、次に行ったほうが、
もっと素敵な男子を捕まえられるはずです。

あなたにぴったりのタイミングの合う男子が
絶対いるはずです。

関連記事(サイト内リンク):
なかなか結婚してくれない彼氏にするべき女性の行動 

まとめ

結婚するって、本当に奇跡に近い。
お互いがどんなに好き同士であっても、
結婚できないってこともある。

タイミングを逃してしまって、
結局、離れなければならなくなったってこと、
あったりするのだもの。

男子諸君よ。
もし、今、将来結婚しても良いと思っている
彼女がいるならば、
確認してみると良い。

結婚したいかどうか。
そして、相手が結婚したいと思っていたなら、
即!結婚すべしである。
または、結婚までは行かなくとも、
何かしらのアクションを取るべきである。

男子諸君のタイミングなどというものは、
自己満足の世界。
本当に好きな人と一緒に素敵な人生を
過ごして行きたいと思うなら、
今!行動すべきなのだと思う。

もし、それができぬなら、
今のふたりは、
「運命の人」ではなかったのかもしれません。

そのときは、楽しかった思い出を胸に、
新たな旅立ちに勇気を持って進んでみるのも良いでしょう。

私は、あると思います。
今、目の前のパートナーと一緒にいられないなら、
それは、これから、もっと良い出会いが待っているサインだということ。

そう思ったら、どちらにしても、前に進んでみたくなるでしょう!?

関連記事(サイト内リンク):自分にふさわしい相手の見つけ方 

この記事を読んだ人におすすめ

最新の投稿

ページのトップへ戻る