婚活パーティーはプロフィールカードの内容がカギ | 男女共通

婚活パーティーはプロフィールカードの攻略が成立の鍵!という記事書きましたが、今回はもうちょっと具体的な補足説明をしていきます。

婚活パーティーのスタッフとして10年ちょっと結婚相談所のスタッフとして1年間、同じ会社で働いていました。また他社のパーティーにも100回以上参加していてその中で、最も重要なのはプロフィールの書き方です。

婚活パーティーや結婚相談所では、プロフィールからしか相手を見ることができません

プロフィールカードの書き方

パーティーで、1番最初に見るのはプロフィールカードです。

車を買う時もスペックを確認しますし、営業に行くときもその会社のプロフィールは頭に入れて訪問すると思います。婚活パーティーも同じでプロフィールが最初に確認されるあなたの紹介になります。

就活を思い出してください。あなたは真剣にエントリーシートを記入しませんでしたか?
婚活は人生を左右するイベントです(結婚相手が見つかった場合一生一緒にいる人です)
なのに、適当にプロフィールを書いている方が多すぎです。

プロフィールカードはきちんと書いてください

全て記入していない人や、適当に毎回同じようなプロフィールを書いてパーティーに挑んでいるあなた・・上手くいかない理由はその書き方かもしれません。

まずは事前に自分の良いところを30個ぐらいあげておこう。

結婚相談所であれば、プロフィールを書きに比較的何日もかけて書いたり書き直すことができると思います。

しかし、婚活パーティーにおいては、事前にプロフィールを業者が作成するパーティー以外は、受付時にプロフィールを書くカードを受取り、席についてプロフィールを書いてそしてパーティーに挑むと言うスタイルが大半です。
どんなに早く行ったとしても15分程度の時間しかないので、おざなりなプロフィールで終わってしまう場合が多いですね。

ですので、あらかじめプロフィールの予習をしておくことが重要だと思っています。

そして、自分の長所を30個ぐらいあらかじめ持っておいて会話の中で何かを聞かれたりした時もその長所をアピールできる体制をとっておくことが重要だと思います。

なかなか実生活において、自分の長所を挙げておくと言う事はないと思いますけれども、そこは婚活を必死にやると言う観点からぜひやってみてください。

僕は、
細かいことは気にしないおおらかな性格
いろんなところに出かける旅行やお出かけ好き
絶対怒らない性格の持ち主
収入は高くないけど倹約家である

みたいな形で、30個あげておいてください。

それがプロフィールに書けるのであれば書いて、書けなかったとしても、常にピックアップしておくことで会話の節々に出てくると思います。

なかなか長所がない話と言う方へアドバイス。

長所がないと言う方もいらっしゃいますが、では短所はあるのでしょうか。

変えられない短所あったとしても見方次第では短所が良くなることもあるかもしれません。

非常に雑で大雑把
休日でも遊び続けてばっかり
喜怒哀楽のない煮え切らない性格
せこい

先ほど書いた、良いことを、悪い言い方で書くこんな感じになるんではないでしょうか?

あなたが短所だと思っていることも、逆の見方をすればそれが好きな人にとっては長所になるので、書き方を必ずポジティブというか良い面を書けば良いと思います。

プロフィールにマイナス面は書かなくて良いのか?

後でこれがばれたらうまくいかなくなるんじゃないか?

だから、プロフィールはありのまま書いたほうがいいですよね?

と言う方もいらっしゃいますが、基本的にはマイナスの部分は書くことないと思っています。

もちろん聞かれたり、書く欄があればそれを書かないといけないと思いますが、嘘はダメだが聞かれない事は最初から話す必要がないと思っています。

プロフィールカードの記入方法のまとめ

婚活パーティーでも、結婚相談所でも、1番重要なのがプロフィールです。

これは変えようのない事実です。

ですので簡単にプロフィールを書くのではなく、あらかじめ予習をしておき、なるべく好印象を持ってもらえるようなプロフィールを書くように仕上げて下さい。

それには、パーティーであれば、ギリギリに参加するのではなく、予定と早い段階で受付を押しプロフィールをゆっくりかける時間を持つことが重要だと思います。

そして、マイナス情報は聞かれたり、記入欄が無ければ特に書かなくても良いと思いますし(聞かれたらきちんと答えましょう)嘘はいけないですが、言い方を調整して好印象に持っていける、そんな言葉使いの予習をしてパーティーに挑みましょう!